メディカサイト

サイトマップ 会社概要 お問い合わせ
愛媛県の総合介護情報サイト
お電話でのお問い合わせは089-907-4056
HOME今月の特集カリスマスタッフしあわせごはんコラムメールマガジン
掲載介護施設一覧福祉ブログ広場介護施設の空室状況求人情報メディカコミュニティ









トップメニュー


種子レベル


発芽レベル


双葉レベル


目覚めレベル


初級レベル


中級レベル


上級レベル


マスターレベル







【特集】

第9回
情報はこうやって
漏れるんだよね!


第8回
HPは、ほったらかし
ページの略?


第7回
竹田社長の
一刀両断!!


第6回
インターネットで
遊んでみよう!


第5回
Windowsのアップデート
してる??


第4回
『保管』と『整理・整頓』は
違うんだよ!


第3回
インターネットなんて怖くない!


第2回
パソコンは愚直なんだよ!


第1回
パソコンに使われてないかい?




>> メディカIT活用応援隊 今月の特集


株式会社エンタープライズ
代表取締役 竹田 愛 氏

パソコン導入から、LANの構築、業務提案、
保守管理、セキュリティ管理まで、
情報活用のノウハウを通して、
愛媛の様々な業界の発展を応援する
パワフル社長!




 
パソコンやインターネットなどが普及してきました。
どの業界も、これらのシステムを活用して業務の効率化を図る時代になってきています。

ただ、なんでもかんでもシステム化してしまえば良いということではありません。
システム化することで、手間が増えて、これまで以上に多忙になってしまっては意味がありません。

しかし、システム化することで、楽になる業務も多々あります。
例えば工業の世界では、製品を作って、最後に商品のシールを貼る作業などは、人がやっていたのではコストがかかって仕方ありません。
人件費ほど高いコストはないからです。
このような、単調で確実性が求められる仕事は、コンピューターに任せた方が楽ですし、ミスも少なくなります。

これは一例ですが、どの分野の仕事にも、同様にコンピューターに管理させて方がよい仕事というのは多々あるのです。

 
 
 

 
Windows 95が登場してからインターネットも普及してきました。
オタク文化であったパソコンが、一般のものになってきました。
あれから10年、世の中はものすごい勢いで、情報化、デジタル化してきています。

『コンピューターのことはわからない』『お金がないから取り組めない』という理由で、放っておいたらとんでもないことになります。
医療・介護の世界は、この情報化、すなわちIT化が遅れている業界です。
他の業界では、電子メールをやっていないということで、社会的信用がなくなる時代になってきています。
先延ばしにせずに、前に進んでいかなければならない時代なのです。

 
 
 

 
だからといって、いきなり高度なことをしようとしても、誰もついてきてくれません。
自分自身も、『難しい』『嫌だ』ということになれば、せっかく始めたことも無駄になってしまいます。
まずは、少しずつ簡単なことから始めていくことが大切です。

まず最初に行うことは、パソコンの見直しから始めることをお勧めします。
『パソコンだったら何でもいい』とお考えの方はおられませんか?
現場の声を聞くと、『パソコンは遅い』『パソコンはよく動かなくなる』という声を聞きます。
これでは、真剣にパソコンに向かおうという気はおきません。
また、実際に、パソコンで仕事をしようという気もなくなってしまうでしょう。

 
 
 

 
まずは、
時間 = お金
という考え方を身に付けなければなりません。
時間を単価に直せば、いくら損をしているのか?ということを考えなければなりません。

古くて、遅いパソコンを使うことで、仕事がいつも以上にかかってしまう。
トラブル対策のために、すぐに30分も1時間も、はたまた数日が経ってしまうようではいけません。
これでは、『パソコンを使っている』のではなく、『パソコンに使われている』ことになります。

 
 
 

 
イメージを変えて考えてみましょう。

例えば、あなたの車が軽トラックだとします。
小さな荷物を運ぶには、軽トラックが便利ですよね。
ただ、荷物の量が多くなったり、荷物の大きさが大きくなったりしてくると、軽トラックでの運送はとても大変なことになってきます。
軽トラックで数十往復するよりも、大型のトラックを購入して、1度で運んでしまう方がよほど効率的です。
軽トラックで数十往復する時間で、他のものを運んだり、新しい取引先を求めて営業したりすることも可能です。

このトラックが『パソコン』、荷物が『情報量』と置き換えると、皆様の現状がわかりやすいかと思います。
遅いパソコンを使っている、すぐに止まってしまうパソコンを使っているようでは、時間を無駄に浪費しているようなものです。

 
 
 

 
ただ、新しいものに買い換える前に、今あるものを十分に活用できているのかということを確認することは大切です。
十分に活用できていないのでしたら、活用するための工夫や努力をすることが必要ですし、十分に活用していても、ダメなものを使っていれば仕事の邪魔になります。
ですから、見直しというのは必要なのです。
また、十分に活用できるように、基礎をしっかりと整えていれば、本来の目的以外の仕事にもいろいろと使えることがわかってきます。
どこの会社にも、このような方が1人か2人は必ずおられます。
このような方を中心として、情報活用を行っていけば、皆様の業務はとても効率的になってくるのです。

 
 
 

 
よく、『うちはそこまで高度な仕事をしていないよ』という意見を聞くことがあります。
では、今すぐに、すべてのパソコンの電源を止めてみましょう。
仕事がほとんどできなくなることがわかるはずです。
知らない間に、パソコンというものが業務の中に入り込んできているのです。
ただ、知らず知らずに使っているため、『使われている』ことが多いのも現状です。
『使われている』のではなく、『活かして用いる』ことが大切なのです。
それが活用するということ。
パソコンはただの道具です。
皆さんの使い方しだいで、ものすごく便利なツールになるのです。

 
 
 
>> 次回へ続く
 

IT活用に関するご相談は

有限会社メディカ 石崎まで
e-mail: info@medica-site.com
Tel: 089-907-4056
Fax: 089-907-4058




このページのTOPへ戻る
利用規約 | リンクについて | 会社概要 | プライバシーポリシー | お問合せ | 求人・施設・企業広告掲載について
Copyright © 2006- Medica group.,Ltd. All Rights Reserved.