メディカサイト

サイトマップ 会社概要 お問い合わせ
愛媛県の総合介護情報サイト
お電話でのお問い合わせは089-907-4056
HOME今月の特集カリスマスタッフしあわせごはんコラムメールマガジン
掲載介護施設一覧福祉ブログ広場介護施設の空室状況求人情報メディカコミュニティ




これまでの特集
「自主性」が
キーワード
ワイズひろばの
人気のヒミツ

専門医師がいる
認知症カフェ
「すまいるカフェ遊ぐん」
OPEN!

制度の狭間を支える
ケアハウスの
存在意義を改めて

「介護予防・
日常生活支援総合事業」
何のために?
どう変わる?

平成30年
介護報酬改定
そして平成33年改定に
向けた課題と取り組み

働きやすい
企業を目指して

グループホーム革命!
Gigi Baba
Volunteer28誕生!

「基幹型地域包括
支援センター」の
仕事!

離れた暮らす
家族をサポート
高齢者見守りサービス

つなぐ、つなげる 想い
地域介護の
本質を探る!

サービス付き
高齢者向け住宅の
これから

愛媛にもいよいよ誕生 !
愛媛県介護支援
専門員協会

「在宅強化型」と
「在宅復帰支援型」で
「老健」の役割を
果たしていく

密着!
ペッパーの1日

在宅医療を支える病床
「たんぽぽのおうち」の
想い

改正!介護保険の
費用負担Q&A
〜松山市編〜

第5回介護甲子園
優勝までの軌跡

内子町
町内グループホーム
合同運動会

成年後見制度を
活用しよう!

おれんじCafe
だんだんの舞台裏

ごごしま×施設
それぞれの想い

戦略的
経費削減セミナー

看護小規模多機能型
居宅介護の実態

あのデイサービスが
オシャレな理由

平成27年度
介護報酬改定情報

どうなる!?
介護福祉資格の
再構築

ケアハウスれんげ
ロビー展

第5回
認知症対応型
デイサービス交流会

第5回
えひめ福祉博2014
レポート

”働きたい”
障害者のための
心と体の準備室

ここでしかできないこと
田舎のチカラを
生かす!

送迎(福祉)車両
安全講習会レポート
2014年版

デイ同士の親睦を
深める!
第3回
懇親ボウリング大会

関連死を防ぐ!
福祉避難所Q&A

レポート!
「仕事と介護の両立」を
考える交流講座

短時間で
しっかりリハビリ!
『半日型デイサービス』

泰羅雅登教授 講演会
学習療法・脳の
健康教室実践事例
発表会

第10回
日本高齢者
虐待防止会(JAPEA)
愛媛大会レポート

第62回
四国老人福祉施設
関係者研究大会

新創設
介護職員初任者研修
から読みとく
介護業界の現状

本格的に
レクリエーション!
レッツ!
レクボウリング!

みんなで広げよう
音楽の輪!
トキアンサンブル
15周年音楽感謝祭

認知症疾患医療センターに相談しよう!

送迎(福祉)車両
安全運転講習会
レポート

地域で支える住まい
サービス付き
高齢者向け住宅

これからは
助け合いの時代!

デイ同士の絆を深める
懇親ボウリング大会

『松山市認知症
高齢者見守り・
SOSネットワーク』登場!
松山市保健福祉部 介護保険課
8事業所が大集合!
愛・民家連
仮装運動会
愛・民家連
朝活 !? 就活 !?
”介活”
してみませんか !?

脳を知り認知症を
予防する
〜脳科学から見た
学習療法の可能性〜
愛媛学習療法研究会
”街ぐるみで
楽しく介護予防”
脳トレ大学に
行ってみよう!
東温市保険年金課
株式会社コンフォルト
手を取り合って
大きな力に!
愛・民家連の
愛ある取り組み
愛媛県小規模通所サービス連合会
愛・民家連
だれでも分かりやすく
活用できるマップ
桑原福祉マップが
できるまで
桑原まちづくり協議会 保健福祉部
こどもの笑顔が
一番のリハビリ!?
お年寄りとこどもの
コミュニティ空間
デイサービスセンター梅本の里・小梅
知ってるようで
知らない
要介護状態のギモン
メディカサイト
『介護の仕事』を
目指すみなさんへ!
松山東雲短期大学
「ブログ」が楽しい
「新聞広報誌」に
『ブログ新聞』を作ろう!
ブログ新聞maker
小規模な居宅介護支援
事業者の集い
「ひとりケアマネの会」
「ひとりケアマネの会」
地域包括支援センター
ガイド
松山市地域包括支援センター
桑原・道後


 ⇒ 過去の特集はこちら!




>>今月の特集

東北大学加齢医学研究所 川島隆太教授 講演会 「 脳を知り認知症を予防する〜脳科学から見た学習療法の可能性〜


去る9月2日、聖カタリナ大学 聖カタリナホールにて、"脳トレ"考案者である川島隆太教授の講演会が行われました。
平成22年からはじまり、今回で3回目となる「学習療法」講演会。最新の脳科学技術から「年をとること」に関する考えまで、さまざまな角度からお話をしていただきました。



グリム童話から見る”認知症”

グリム童話にこんな話があります。
「神さまが寿命を30年にしようとしたところ、ロバは12年でよいです、犬は18年でよいです、サルは20年でよいです、と答えました。
人間は30年では足りないからと言って、ロバの残り18年、犬の残り12年、サルの残り10年をもらいました。
このようなわけで、人間の寿命は七十年となったのです。
はじめの三十年は、人間が元から持っている寿命です。
人間はその三十年間に、子どもをつくって家をたてます。
次に来るのが、ロバの十八年です。
この十八年間は、色々な重荷を背負わされます。
家族の為に、いっしょうけんめいに働かなくてはなりません。
そして次に、イヌの十二年がやってきます。
この頃になると足腰が弱くなり、歯も抜けていくのです。
そして最後に来るのが、サルの十年です。
だんだんと頭がにぶくなり、笑われるつもりはなくても、おかしな事をして笑われる事があります。
これが人間の、一生なのです。」

これを見ると、はるか昔グリム童話の時代から、人間の生涯の最後は認知症になってしまうということが予測されていたことが分かります。

◎グリム童話『寿命』
http://hukumusume.com/douwa/pc/world/09/18.htm
グリム童話から見る”認知症”



かしこく年を取る ”スマート・エイジング”

かしこく年を取る ”スマート・エイジング” グリム童話にもあるように私たちには、年をとること=退化、マイナスのイメージがついています。若者はすぐれている、年寄りは醜いという考えから「アンチエイジング」という言葉が生まれました。
果たして本当にそうなのでしょうか?
世阿弥の風姿花伝には「時分の花」「まことの花」という言葉が出てきます。前者は年齢に応じた花、後者は人間として成長し、内側から咲かせる花。私たちは「まことの花」を大切にする「スマート・エイジング」を提唱しています。人は年を取るほどに知識を積み上げ、賢くなっていくという考えです。


穏やかな生活を送るために"前頭前野"を使う

ではどうすれば、「スマート・エイジング」な暮らし方ができるのでしょう。
私は、年を重ねながらも穏やかな生活を送るための4つの習慣を以下のように挙げています。
      1. 脳を使う

       2. 身体を動かす

       3. バランスの取れた栄養

       4. 人と積極的に関わる
穏やかな生活を送るために ”前頭前野” を使う
脳は、とくに"前頭前野"を使うことが大切です。
"前頭前野"は、思考、創造、記憶、学習、自発性・身辺自立、意欲・集中、コミュニケーション、行動・情動の制御が行われている場所です。
前頭前野のトラブルが起こると、徘徊したり、突然怒ったり泣いたり、コミュニケーションが取りにくくなったり、先ほどしていたことを忘れたり、といったことが起こってきます。
前頭前野の能力は20歳から下がり続けますが、知恵・知識は年齢とともに上がります。ということは、前頭前野をトレーニングすれば、だんだん賢くなっていくということです。


大切なのは ”作動記憶” のトレーニング

前頭前野を使うためには、"作動記憶"のトレーニングが大切です。
作動記憶とは、理解、学習、推論など認知的課題の遂行中に情報を一時的に保持し操作するためのシステムです。

作動記憶のトレーニングをすれば、「論理的に考える」「新しい問題を解決する」などの"流動性知能"のアップ、作動記憶のアップ、移転効果でさまざまな認知能力がアップしていきます。
      誰にでもできる
      作動記憶のトレーニング原則として、

     
     1. 作動記憶を使うこと

      2. 単純かつ容易であること

      3. 十分に脳機能に負荷がかかること

      の3つがあります。
大切なのは ”作動記憶” のトレーニング
学習療法で取り組んでいる読み書きは、作動記憶トレーニングのひとつでありますが、3でいうところの「ギリギリのレベル」の訓練が必要です。
難しすぎると拒否しますし、簡単すぎると前頭前野が働きません。レベルに合わせたトレーニングが大切です。


自分らしい最期をつくる ”学習療法”

自分らしい最期をつくる ”学習療法” 学習療法は、寿命を延ばすためのものではありません。「人生の質を上げる」ためのものです。今、高齢者の2割が自宅で亡くなっていますが、自宅で亡くなった方は「お迎え現象」を体験する人が多いと言われています。先に亡くなっているご主人や両親が会いに来るという現象です。
学習療法は、こうやって自分らしく最期の瞬間をつくるためのものとも言えるかもしれません。 
 今、学習療法は海外にも進出しています。アメリカでも日本の読み書き計算を取り入れられ、さらにヨーロッパにも広がっています。学習療法による「脳の健康促進」、「認知症の予防」が世界に広がり、もっと自分らしく最期を迎えられる人が増えていくことを願います。


 
 

会場でのひとコマ
ホールはほぼ満席状態でした!

会場でのひとコマ
エントランスには、学習療法を取り入れている施設の展示パネルが。

会場でのひとコマ
学習療法の教材の展示スペースも設けられていました。
会場でのひとコマ
川島教授の講演のあとに、学習療法実践事例発表も行われました。
(デイサービスセンターアソカ園、介護老人保健施設 やすらぎの杜、松山市石井東地区社会福祉協議会)

 
 



【 学習療法に関するお問合せ 】

  愛媛学習療法研究会
  
  〒791-1114
  愛媛県松山市井門町1099
  特別養護老人ホーム和光苑内
  
  TEL: 089-969-0001





このページのTOPへ戻る
利用規約 | リンクについて | 会社概要 | プライバシーポリシー | お問合せ | 求人・施設・企業広告掲載について
Copyright © 2006- Medica group.,Ltd. All Rights Reserved.