メディカサイト

サイトマップ 会社概要 お問い合わせ
愛媛県の総合介護情報サイト
お電話でのお問い合わせは089-907-4056
HOME今月の特集カリスマスタッフしあわせごはんコラムメールマガジン
掲載介護施設一覧福祉ブログ広場介護施設の空室状況求人情報メディカコミュニティ




これまでの特集
「介護予防・
日常生活支援総合事業」
何のために?
どう変わる?

平成30年
介護報酬改定
そして平成33年改定に
向けた課題と取り組み

働きやすい
企業を目指して

グループホーム革命!
Gigi Baba
Volunteer28誕生!

「基幹型地域包括
支援センター」の
仕事!

離れた暮らす
家族をサポート
高齢者見守りサービス

つなぐ、つなげる 想い
地域介護の
本質を探る!

サービス付き
高齢者向け住宅の
これから

愛媛にもいよいよ誕生 !
愛媛県介護支援
専門員協会

「在宅強化型」と
「在宅復帰支援型」で
「老健」の役割を
果たしていく

密着!
ペッパーの1日

在宅医療を支える病床
「たんぽぽのおうち」の
想い

改正!介護保険の
費用負担Q&A
〜松山市編〜

第5回介護甲子園
優勝までの軌跡

内子町
町内グループホーム
合同運動会

成年後見制度を
活用しよう!

おれんじCafe
だんだんの舞台裏

ごごしま×施設
それぞれの想い

戦略的
経費削減セミナー

看護小規模多機能型
居宅介護の実態

あのデイサービスが
オシャレな理由

平成27年度
介護報酬改定情報

どうなる!?
介護福祉資格の
再構築

ケアハウスれんげ
ロビー展

第5回
認知症対応型
デイサービス交流会

第5回
えひめ福祉博2014
レポート

”働きたい”
障害者のための
心と体の準備室

ここでしかできないこと
田舎のチカラを
生かす!

送迎(福祉)車両
安全講習会レポート
2014年版

デイ同士の親睦を
深める!
第3回
懇親ボウリング大会

関連死を防ぐ!
福祉避難所Q&A

レポート!
「仕事と介護の両立」を
考える交流講座

短時間で
しっかりリハビリ!
『半日型デイサービス』

泰羅雅登教授 講演会
学習療法・脳の
健康教室実践事例
発表会

第10回
日本高齢者
虐待防止会(JAPEA)
愛媛大会レポート

第62回
四国老人福祉施設
関係者研究大会

新創設
介護職員初任者研修
から読みとく
介護業界の現状

本格的に
レクリエーション!
レッツ!
レクボウリング!

みんなで広げよう
音楽の輪!
トキアンサンブル
15周年音楽感謝祭

認知症疾患医療センターに相談しよう!

送迎(福祉)車両
安全運転講習会
レポート

地域で支える住まい
サービス付き
高齢者向け住宅

これからは
助け合いの時代!

デイ同士の絆を深める
懇親ボウリング大会

『松山市認知症
高齢者見守り・
SOSネットワーク』登場!
松山市保健福祉部 介護保険課
8事業所が大集合!
愛・民家連
仮装運動会
愛・民家連
朝活 !? 就活 !?
”介活”
してみませんか !?

脳を知り認知症を
予防する
〜脳科学から見た
学習療法の可能性〜
愛媛学習療法研究会
”街ぐるみで
楽しく介護予防”
脳トレ大学に
行ってみよう!
東温市保険年金課
株式会社コンフォルト
手を取り合って
大きな力に!
愛・民家連の
愛ある取り組み
愛媛県小規模通所サービス連合会
愛・民家連
だれでも分かりやすく
活用できるマップ
桑原福祉マップが
できるまで
桑原まちづくり協議会 保健福祉部
こどもの笑顔が
一番のリハビリ!?
お年寄りとこどもの
コミュニティ空間
デイサービスセンター梅本の里・小梅
知ってるようで
知らない
要介護状態のギモン
メディカサイト
『介護の仕事』を
目指すみなさんへ!
松山東雲短期大学
「ブログ」が楽しい
「新聞広報誌」に
『ブログ新聞』を作ろう!
ブログ新聞maker
小規模な居宅介護支援
事業者の集い
「ひとりケアマネの会」
「ひとりケアマネの会」
地域包括支援センター
ガイド
松山市地域包括支援センター
桑原・道後


 ⇒ 過去の特集はこちら!




>>今月の特集

平成25年3月特集 地域で見守り!高齢者の住みやすい社会へ『松山市認知症高齢者見守り・SOSネットワーク』登場!

2012年12月に発足した「松山市認知症高齢者見守り・SOSネットワーク」、ご存知ですか?
今月の特集では、通称「シニアまもるくん」と呼ばれてるこのネットワークについてご紹介します。



 
お話を聞いた人:
松山市保健福祉部 介護保険課
            山内利博さん
お話を聞いた人:松山市保健福祉部 介護保険課 山内利博さん
 
 


■ 松山市認知症高齢者見守り・SOSネットワークって?

徘徊高齢者の早期発見・早期対応のための連携を図るとともに、認知症予防対策や認知症になっても安心して暮らせる地域づくりを目指すネットワーク。
認知症支援に理解が得られた協力機関の事務所や店舗に、シンボルマークである「シニアまもるくん」ステッカーを掲示していただき、地域の協力機関として以下のような体制に向けて可能な範囲でご協力をいただいています。
 
 
【その1】 見守り体制・支援ネットワークづくり 
認知症の方でも安心して利用できる場所であることを明示していただくとともに、配慮が必要な高齢者に対し適切な対応を行います。
また、認知症の知識の周知啓発についての協力を行うなど、認知症高齢者を地域で温かく支援し、認知症の方を保護した近隣者等も、一時相談や支援を求められる場所として対応します。
地域において支援が必要な高齢者を把握した場合、担当地区民生委員等と連携し、関係先への連絡、必要な医療、サービスへの繋ぎ、日常の見守り支援等を行います。
行方不明者が発生した場合には、捜索体制へ繋げられるようなネットワークを構築します。
 
<協力機関の役割> 
● 配慮が必要な高齢者に対する適切な対応
● 支援が必要な高齢者等の関係先への繋ぎ、連絡
● 行方不明となる恐れがある方について、市等への届出案内
● 徘徊等を繰り返す対象者等の見守り
● 認知症高齢者や家族への支援、正しい知識の普及支援
● 認知症高齢者を把握した場合等の「かけこみ」への対応
 
 
CASE 1 )
商店、銀行、交通機関などの日常の生活場面において、小銭の計算ができない方や、窓口手続きの困難な高齢者などを見かけた。
     ↓
「何か、お手伝いできることはありませんか?」
可能な範囲において声掛けを行い支援。
【その1】見守り体制・支援ネットワークづくり CASE1
 
CASE 2 )
「寝巻き姿や季節外れの身なりをしている」
「歩き続けている」
または
「長時間同じ場所に居続ける」などの
不自然な高齢者を見かけた。
     ↓
「どこへ行かれるのですか?」
「何かお困りのことがおありですか?」
等声がけをする。

【その1】見守り体制・支援ネットワークづくり CASE2
 

 
【その2】 徘徊時捜索体制 
地域において、徘徊による行方不明者が発生した場合、当該地域を中心に各協力機関へ情報を送信する場合があります。
情報を受信した協力機関は、捜索に協力し早期発見を目指します。
行方明者が発見された場合は、一時保護、情報発信元への連絡等を行います。
 
 
<協力機関の役割> 
● 付近の確認など行方不明者の捜索に可能な範囲で協力する
● 行方不明者情報を組織内等に伝達し情報提供を呼びかける
● 発見時の連絡及び対象者への適切な処遇、連絡調整
 
CASE 1 )
高齢者の家族「おじいちゃんがいない!」
     ↓
警察署へ相談。捜索願の届出
     ↓
最寄りの地域包括支援センターもしくは介護保険課へ連絡!
     ↓
地域包括支援センター もしくは介護保険課は、家族からの情報を協力機関へ連絡。
     ↓
協力機関にて情報があれば、地域包括支援センターもしくは介護保険課へ連絡。
【その2】徘徊時捜索体制 CASE1
 
CASE 2 )
協力機関に、認知症と思われる高齢者が迷い込んできた。
     ↓
高齢者を保護し、地域包括支援センターもしくは介護保険課へ連絡。
     ↓
必要に応じてネットワークを通じて情報を流し、高齢者の身元早期確認を目指す。

※可能な範囲での協力であり、このような対応・捜索などを義務付けるものではありません。
【その2】徘徊時捜索体制 CASE2
 
 


■ どのようなところが、松山市認知症高齢者見守り・SOSネットワークのメンバーなの?

介護、福祉関係のほか、交通機関、商工、金融、教育という多種に声をかけさせていただいています。
 
 
<想定されるネットワーク協力機関> 
警察署、消防署、松山市社会福祉協議会、民生委員・見守り員、地区社会福祉協議会、高齢クラブ、
地域密着型サービス事業者、介護保険サービス事業者、その他協力関係機関(医療機関、学校、
郵便局、銀行、商店、コンビニエンスストア、ガソリンスタンド、理美容室、鉄道、バス、タクシーの
事務所または営業所)、松山市関係各課 等

事業にご協力いただける機関の方は、下記の届出書を介護保険課もしくは
地域包括支援センター窓口へご提出ください。
認知症サポーター養成講座の受講者は、個人・法人どなたでもお申込いた
だけます!

http://www.city.matsuyama.ehime.jp/kurashi/kaigohoken/ninchisho/
sosnetwork.html



■ 高齢者のご家族へ、ワンポイントアドバイス

徘徊が心配な高齢者のご家族には、前もって登録されることをおすすめします。
捜索が必要となる段階で、行方不明者の特徴などを説明していては、捜索が遅くなってしまう恐れがあります。
事前に登録することにより、行方不明時の必要最小限の情報をお聞きし、迅速な対応につなげていきたいと考えています。
※事前届出がない場合もご相談ください。
その他、さまざまな制度や地域資源を利用し、介護予防対象者の支援、成年後見制度の活用支援や虐待の早期発見・防止など総合的な相談支援を行っておりますので、以下の相談先(お住まいの地区を担当する地域包括支援センター)へお気軽にご相談ください!
※平成25年度以降は、登録制携帯電話のメール機能による捜索協力体制の整備(松山市社会福祉協議会)をすすめております。
 

徘徊が心配される高齢者のご家族等で登録を希望される方は、下記の届出書
介護保険課もしくは地域包括支援センター窓口へご提出ください。
登録しておくと、万が一の時に、迅速な対応が出来ますので、ご検討ください。
http://www.city.matsuyama.ehime.jp/kurashi/kaigohoken/ninchisho/
sosnetwork.html

松山市内地域包括支援センター・実施機関一覧



■ シンボルマーク「シニアまもるくん」から見た『松山市認知症高齢者見守り・SOSネットワーク』

◎ ご存知「まもるくん」とコラボ
シンボルマークの「シニアまもるくん」は、ご存知愛媛県警のマスコットキャラクータ「まもるくん」です。
「まもるくん」は、子どもが何らかの被害に遭ったり、被害に遭いそうになった時にかけ込んで助けを求めることのできる「まもるくんの家」「まもるくんの会社」等で既に”かけこみ場所”のイメージが定着しているので、まもるくんと高齢者のイラストを組み合わせることによってゼロからつくるよりも浸透しやすいと考え、警察署に交渉。
協議を重ね、使用許可をいただきました。
「社会的弱者を地域で見守る」というテーマは、「まもるくん」も「シニアまもるくん」も同じです。
相互で協力できる体制になれればベストですね。
 ◎ご存知「まもるくん」とコラボ
◎ 啓発の目的も!
ステッカーはB6サイズで、結構目立ちます。
このステッカーを見た人が、少しでも高齢者に対して関心を持つなど、啓発の役割も果たしてくれるのではないかと期待しています。
 ◎啓発の目的も!
 
◎ オレンジリングの意味
まもるくんと高齢者を囲んでいる、オレンジのリングには意味があります。
これは、認知症サポーター養成講座を受講した「認知症サポーター」に送られる「オレンジリング」(写真参照)。たまたま「みかん色」ですが、全国共通のカラーです。
 ◎ オレンジリングの意味
 
【 認知症サポーターになるには・・・ 】 
認知症サポーター養成講座を受講した方は誰でも、「認知症サポーター」になれます。
講座を通じて、認知症について正しく理解し、偏見を持たず、認知症の方や家族を温かく支援するのが認知症サポーターの役割。
認知症の方や家族の気持ちを理解し、講座で学んだ知識を友人や家族へ伝えたり、商店、交通機関など、さまざまな場面において、認知症の方に対して適切に接してあげることも認知症サポーターとしての関わりのひとつです。
本事業に理解が得られた事業所、店舗、個人等を対象にサポーター養成講座を開催し、提示用のシンボルマーク(ステッカー)を配布しますので、店舗等に掲示していただき、高齢者が認知症になっても地域で暮らせるような見守り支援や、徘徊等による行方不明者の捜索協力など、可能な範囲で協力をいただきます。
今後、協力期間のネットワークを地域に広げていきたいと考えています。
サポーター養成講座受講を希望される方は、(申込書)により受講申込を頂きますが、まず、 介護保険課または地域包括支援センターへご相談ください。
 
 

詳細はコチラ
認知症について学ぶ!〜認知症サポータ100万人キャラバン〜について
http://www.city.matsuyama.ehime.jp/kurashi/kaigohoken/keihatu/
nintisyou_caravan.html



■最後にひと言!どんなネットワークを目指したい??

少しの手助けで、高齢者がもっと自由に、気軽に行動し、自分らしく暮らせる世の中になります。
異業種の方で見守れると、より安心なので今後、いろんな業種の方に関わっていってほしいですね。
また、認知症サポーターの講習会は、地域の公民館などでも開催可能です。
お気軽にお問い合わせください。
みんなで力を合わせて高齢者の生活を守りましょう!
 


 
      【 お問い合せ先 】

      松山市役所介護保険課
      〒790-8571
      愛媛県松山市二番町四丁目7-2 別館2階
      電話:089-948-6949
      E-mail:kaigo@city.matsuyama.ehime.jp

 
 





このページのTOPへ戻る
利用規約 | リンクについて | 会社概要 | プライバシーポリシー | お問合せ | 求人・施設・企業広告掲載について
Copyright © 2006- Medica group.,Ltd. All Rights Reserved.