メディカサイト

サイトマップ 会社概要 お問い合わせ
愛媛県の総合介護情報サイト
お電話でのお問い合わせは089-907-4056
HOME今月の特集カリスマスタッフしあわせごはんコラムメールマガジン
掲載介護施設一覧福祉ブログ広場介護施設の空室状況求人情報メディカコミュニティ




これまでの特集
専門医師がいる
認知症カフェ
「すまいるカフェ遊ぐん」
OPEN!

制度の狭間を支える
ケアハウスの
存在意義を改めて

「介護予防・
日常生活支援総合事業」
何のために?
どう変わる?

平成30年
介護報酬改定
そして平成33年改定に
向けた課題と取り組み

働きやすい
企業を目指して

グループホーム革命!
Gigi Baba
Volunteer28誕生!

「基幹型地域包括
支援センター」の
仕事!

離れた暮らす
家族をサポート
高齢者見守りサービス

つなぐ、つなげる 想い
地域介護の
本質を探る!

サービス付き
高齢者向け住宅の
これから

愛媛にもいよいよ誕生 !
愛媛県介護支援
専門員協会

「在宅強化型」と
「在宅復帰支援型」で
「老健」の役割を
果たしていく

密着!
ペッパーの1日

在宅医療を支える病床
「たんぽぽのおうち」の
想い

改正!介護保険の
費用負担Q&A
〜松山市編〜

第5回介護甲子園
優勝までの軌跡

内子町
町内グループホーム
合同運動会

成年後見制度を
活用しよう!

おれんじCafe
だんだんの舞台裏

ごごしま×施設
それぞれの想い

戦略的
経費削減セミナー

看護小規模多機能型
居宅介護の実態

あのデイサービスが
オシャレな理由

平成27年度
介護報酬改定情報

どうなる!?
介護福祉資格の
再構築

ケアハウスれんげ
ロビー展

第5回
認知症対応型
デイサービス交流会

第5回
えひめ福祉博2014
レポート

”働きたい”
障害者のための
心と体の準備室

ここでしかできないこと
田舎のチカラを
生かす!

送迎(福祉)車両
安全講習会レポート
2014年版

デイ同士の親睦を
深める!
第3回
懇親ボウリング大会

関連死を防ぐ!
福祉避難所Q&A

レポート!
「仕事と介護の両立」を
考える交流講座

短時間で
しっかりリハビリ!
『半日型デイサービス』

泰羅雅登教授 講演会
学習療法・脳の
健康教室実践事例
発表会

第10回
日本高齢者
虐待防止会(JAPEA)
愛媛大会レポート

第62回
四国老人福祉施設
関係者研究大会

新創設
介護職員初任者研修
から読みとく
介護業界の現状

本格的に
レクリエーション!
レッツ!
レクボウリング!

みんなで広げよう
音楽の輪!
トキアンサンブル
15周年音楽感謝祭

認知症疾患医療センターに相談しよう!

送迎(福祉)車両
安全運転講習会
レポート

地域で支える住まい
サービス付き
高齢者向け住宅

これからは
助け合いの時代!

デイ同士の絆を深める
懇親ボウリング大会

『松山市認知症
高齢者見守り・
SOSネットワーク』登場!
松山市保健福祉部 介護保険課
8事業所が大集合!
愛・民家連
仮装運動会
愛・民家連
朝活 !? 就活 !?
”介活”
してみませんか !?

脳を知り認知症を
予防する
〜脳科学から見た
学習療法の可能性〜
愛媛学習療法研究会
”街ぐるみで
楽しく介護予防”
脳トレ大学に
行ってみよう!
東温市保険年金課
株式会社コンフォルト
手を取り合って
大きな力に!
愛・民家連の
愛ある取り組み
愛媛県小規模通所サービス連合会
愛・民家連
だれでも分かりやすく
活用できるマップ
桑原福祉マップが
できるまで
桑原まちづくり協議会 保健福祉部
こどもの笑顔が
一番のリハビリ!?
お年寄りとこどもの
コミュニティ空間
デイサービスセンター梅本の里・小梅
知ってるようで
知らない
要介護状態のギモン
メディカサイト
『介護の仕事』を
目指すみなさんへ!
松山東雲短期大学
「ブログ」が楽しい
「新聞広報誌」に
『ブログ新聞』を作ろう!
ブログ新聞maker
小規模な居宅介護支援
事業者の集い
「ひとりケアマネの会」
「ひとりケアマネの会」
地域包括支援センター
ガイド
松山市地域包括支援センター
桑原・道後


 ⇒ 過去の特集はこちら!




>>今月の特集

レポート!多様な人材が活躍する地域づくりへ・・・「仕事と介護の両立」を考える交流講座

愛媛県の高齢化率(人口に占める65歳以上の割合)は約27%。
全国で9位という事実をご存知ですか?
これからは、働く人の8割が「誰かの介護に関わる」時代。
介護離職も急増しています。
このままでは愛媛県の労働力が17年後の2030年には、不足に転じるとの試算も出ており(いよぎん地域経済研究センター)、「働く代わりはいくらでもいる」時代ではなくなってきました。
そこで企画されたのが、「仕事と介護の両立」をテーマにした交流講座。
平成25年度愛媛未来づくり恊働提案事業として、東・中・南予で開催されました。





中予の交流会で講師を務めてくださったのは、渥美由喜氏。
これまでに海外10数カ国を含む、国内のワークライフバランス(仕事と生活の調和)・ダイバーシティ(多様な人材の活用)先進企業700社、海外100社を訪問ヒアリングし、3000社の財務データを分析。
コンサルタントやアドバイザーとして、ワークライフバランスやダイバーシティに取り組む企業の取組推進をサポートしています。
プライベートでは、夫婦で共働き。
6歳と3歳の育児中。
2回育休を取得した経験があるそうです。
さらに、4年前から、実父が認知症、統合失調になり要介護。
去年、次男が難病になり、要看護となりました。
中予の交流会で講師を務めてくださったのは、渥美由喜氏。


介護はビジネスパーソンに向いている! そんな渥美さんが訴えるのは、「介護はビジネスと対局にあるのではなく、むしろ介護はビジネスパーソンに向いている」ということです。
仕事で培った知力、体力、精神力、情報収集力、人間関係構築力があれば必ず乗り越えられるとのこと。
例えば、父が要介護状態になったならば、ただちに「家族会議」。
父の介護を「一大プロジェクト」と位置づけし、父の意向を踏まえて、今後どのような生活を送るのが一番幸せかというゴールをイメージします。
そしてそのゴールに必要な要素を洗い出し、タイムスケジュール、時間配分、経済的な負担、介護サービスの理由を含めて、老父の新たな生活を支援する体制作りを行う・・・というような具合です。
親や子どもは取り替えられないけれど、仕事や職場は取り替えができます。
子どもや親のペースを尊重しつつ、自分はペースアップ。
徹底的に業務を効率化していくことができれば、生産性も高まり、ライフもキャリアもレベルアップしていくことができるのです。


そうやって、介護と仕事を両立できるようになった人は、確実に生産性が上がり、”仕事ができる人”となっています。
介護者を抱えるのは、企業にとって負担になるのではなく、長い目で見ると優秀な人材を確保するチャンス。
「ワークライフバランス・ダイバーシティは企業にとって単なるコストではなく、むしろハイリターン投資」なのです。
ちなみに、介護をきっかけに愛媛県にIターン、Uターンして帰ってくる人材には優秀な人が多いと思われます。
親に支援してもらって都会へ出たエリート達の可能性が高いからです。
企業にとっては、人材確保のチャンスですね。
介護者を抱えるのは、企業にとってチャンス!?


ワークライフバランス、ダイバーシティは漢方薬 介護は突然やってきます。
今は無関係でも、いずれ自分や部下が当事者になる可能性大なのです。
来るべきときのために、事前に業務の進め方、情報共有の方法、マネジメント面の準備をしておきましょう。
こういった下準備が、即効薬ではないけれど「漢方薬」のようにじわじわきいて、強靭な企業体質、持続性の高い地域となっていきます。
「幸せ」は不幸が起きないことではありません。
不幸から逃げずに、誰かに押し付けずに、協力して乗り越えることです。
ワークライフバランスは幸せへの道しるべなのです。


  【パネラーの皆さん】
渥美 由喜 氏 小原 明美 氏
(株式会社えひめリビング新聞社編集長)
永江 美香 氏
(在宅ケアセンター
ひなたぼっこ)
岩丸 裕建 氏
(一般社団法人愛媛法人会連合会事務局長)
       
     
進行:合田みゆきさん
(フリーアナウンサー)
     

パネルディスカッションでは、さまざまな立場からの意見交換。
「フルタイムで介護するのは大変だと思われがちだけど、フルタイムだからこそ介護から離れている時間ができる。
先に離職という選択をしてほしくない。
今の充実した介護サービスを利用してほしい」。
「男性は、育児で介護をリハーサルするべき」。
「子育てをしたことのない団塊の世代の“育じぃプロジェクト”を行っている。介護のヒントとなる」。
など、リアルでユニークな意見が飛び交いました。
渥美さんは、「自己犠牲の精神で介護をするのは間違っている。仕事を辞めるという選択肢より先に介護サービスを利用するべき」、「介護サービスを使う際に、親を説得するプロセスが大切。言い負かさそうとしない。セキララに想いを伝える」などアドバイスをし、まとめました。 





講師は、イクメンならぬ「ケアメンプロジェクト」の提案をされている津止氏。
介護は「年老いた親の介護」だけではありません。
パートナーの、兄弟の、子どもの介護もあります。
働きながらの介護に対する心構えを一緒に考えてみました。




介護で「地域の手」を必要としている人が増えています。
子育ても介護も、家族以外に頼れる人や手段があります。
地方だからこそ、介護を取り巻く地域づくり・ハタラクを考えました。






  【 このイベントの主催 】

  NPO法人ワークライフ・コラボ、愛媛県
  
  ◆イベント詳細について

  http://workkaigo.web.fc2.com/kaigo0825.html







このページのTOPへ戻る
利用規約 | リンクについて | 会社概要 | プライバシーポリシー | お問合せ | 求人・施設・企業広告掲載について
Copyright © 2006- Medica group.,Ltd. All Rights Reserved.