メディカサイト

サイトマップ 会社概要 お問い合わせ
愛媛県の総合介護情報サイト
お電話でのお問い合わせは089-907-4056
HOME今月の特集カリスマスタッフしあわせごはんコラムメールマガジン
掲載介護施設一覧福祉ブログ広場介護施設の空室状況求人情報メディカコミュニティ




これまでの特集
体と心が元気になる
夢虹色カフェって
どんなとこ !?

今注目の健康法!
「笑いヨガ」って
なあに?

愛媛県内の
「カフェ(認知症カフェ)」

介護と障がいの
共存を目指して

「自主性」が
キーワード
ワイズひろばの
人気のヒミツ

専門医師がいる
認知症カフェ
「すまいるカフェ遊ぐん」
OPEN!

制度の狭間を支える
ケアハウスの
存在意義を改めて

「介護予防・
日常生活支援総合事業」
何のために?
どう変わる?

平成30年
介護報酬改定
そして平成33年改定に
向けた課題と取り組み

働きやすい
企業を目指して

グループホーム革命!
Gigi Baba
Volunteer28誕生!

「基幹型地域包括
支援センター」の
仕事!

離れた暮らす
家族をサポート
高齢者見守りサービス

つなぐ、つなげる 想い
地域介護の
本質を探る!

サービス付き
高齢者向け住宅の
これから

愛媛にもいよいよ誕生 !
愛媛県介護支援
専門員協会

「在宅強化型」と
「在宅復帰支援型」で
「老健」の役割を
果たしていく

密着!
ペッパーの1日

在宅医療を支える病床
「たんぽぽのおうち」の
想い

改正!介護保険の
費用負担Q&A
〜松山市編〜

第5回介護甲子園
優勝までの軌跡

内子町
町内グループホーム
合同運動会

成年後見制度を
活用しよう!

おれんじCafe
だんだんの舞台裏

ごごしま×施設
それぞれの想い

戦略的
経費削減セミナー

看護小規模多機能型
居宅介護の実態

あのデイサービスが
オシャレな理由

平成27年度
介護報酬改定情報

どうなる!?
介護福祉資格の
再構築

ケアハウスれんげ
ロビー展

第5回
認知症対応型
デイサービス交流会

第5回
えひめ福祉博2014
レポート

”働きたい”
障害者のための
心と体の準備室

ここでしかできないこと
田舎のチカラを
生かす!

送迎(福祉)車両
安全講習会レポート
2014年版

デイ同士の親睦を
深める!
第3回
懇親ボウリング大会

関連死を防ぐ!
福祉避難所Q&A

レポート!
「仕事と介護の両立」を
考える交流講座

短時間で
しっかりリハビリ!
『半日型デイサービス』

泰羅雅登教授 講演会
学習療法・脳の
健康教室実践事例
発表会

第10回
日本高齢者
虐待防止会(JAPEA)
愛媛大会レポート

第62回
四国老人福祉施設
関係者研究大会

新創設
介護職員初任者研修
から読みとく
介護業界の現状

本格的に
レクリエーション!
レッツ!
レクボウリング!

みんなで広げよう
音楽の輪!
トキアンサンブル
15周年音楽感謝祭

認知症疾患医療センターに相談しよう!

送迎(福祉)車両
安全運転講習会
レポート

地域で支える住まい
サービス付き
高齢者向け住宅

これからは
助け合いの時代!

デイ同士の絆を深める
懇親ボウリング大会

『松山市認知症
高齢者見守り・
SOSネットワーク』登場!
松山市保健福祉部 介護保険課
8事業所が大集合!
愛・民家連
仮装運動会
愛・民家連
朝活 !? 就活 !?
”介活”
してみませんか !?

脳を知り認知症を
予防する
〜脳科学から見た
学習療法の可能性〜
愛媛学習療法研究会
”街ぐるみで
楽しく介護予防”
脳トレ大学に
行ってみよう!
東温市保険年金課
株式会社コンフォルト
手を取り合って
大きな力に!
愛・民家連の
愛ある取り組み
愛媛県小規模通所サービス連合会
愛・民家連
だれでも分かりやすく
活用できるマップ
桑原福祉マップが
できるまで
桑原まちづくり協議会 保健福祉部
こどもの笑顔が
一番のリハビリ!?
お年寄りとこどもの
コミュニティ空間
デイサービスセンター梅本の里・小梅
知ってるようで
知らない
要介護状態のギモン
メディカサイト
『介護の仕事』を
目指すみなさんへ!
松山東雲短期大学
「ブログ」が楽しい
「新聞広報誌」に
『ブログ新聞』を作ろう!
ブログ新聞maker
小規模な居宅介護支援
事業者の集い
「ひとりケアマネの会」
「ひとりケアマネの会」
地域包括支援センター
ガイド
松山市地域包括支援センター
桑原・道後


 ⇒ 過去の特集はこちら!




>>今月の特集

誰にでも分かりやすく、活用できるマップ 『桑原福祉マップができるまで』


桑原エリアに、子供からお年寄りまでみんなが使えるマップが誕生しました。
さまざまな苦労と努力があってできあがったマップです。
今回の特集では、そのマップができるまでの過程をレポート。
随所に込められた想いと熱意を感じてください。




桑原まちづくり協議会保健福祉部  今井典子さん
桑原まちづくり協議会 保健福祉部
今井 典子 さん
 
『桑原福祉マップ』とは?

このマップは、桑原まちづくり協議会保健福祉部が、東雲短期大学、地域包括支援デンター、地域のみなさま、企業の方々とボランティアで手分けして歩きやバイク、車などで地道に確認しながら約7ヶ月かけて作成しました。
目指したのは、誰にでもわかりやすく、活用できるマップ。
どこにも負けないマップが完成したと自負しております。ぜひ、ご活用ください。


桑原福祉マップができるまで

【 意外と”使える”マップがない! 】

まずは、既存のマップを確認することからはじめました。住宅地図、白地図、観光マップetc…いろいろなマップをチェックしてみましたが、新しくできた道がなかったり、見づらかったりで、“誰もが使えるマップ”というのはないように感じました。
  意外と”使える”マップがない!

どんなマップにするのか?  
【 どんなマップにするのか? 】

どんなマップだと使いやすいのか?既存のマップの問題点は?
それらを確認すべく、住宅地図を持ってメンバー一人ひとりが桑原地区を歩いてみることに。
「急坂」「水路あり。フェンスなし」など注意すべき場所や、知っていると便利な場所など、それぞれの視点からマップに入れたい項目が集まってきました。

 
どんなマップにするのか?  


  
【 実際に歩いてみての意見 】

  ● 目の不自由な人への配慮がない。(交差点の場所が分からない)

  ● 道幅が狭く、車椅子が通れないところがある。

  ● 町内会を区切ったマップがよいのでは?
    (小単位のコミュニティがはっきりするとよい)

  ● 避難経路表示、公衆電話、点字ブロック、コンビニ(スーパー)、袋小路、バス停、
    カーブミラー、街灯、道幅狭い、急坂等の情報が必要。


【 関わってもらうことが重要 】

マップに落とし込む内容が決定し、再度マップを見ながらスポットをチェックしていくことに。
マップにするエリアを「桑原中学校校区」に設定したので、なかなかの広範囲です。
最初に歩いてチェックしたメンバーは約10名。
メンバーだけで確認していくのは、なかなか大変な作業です。
そこで、桑原まちづくり協議会の安全安心部や、町内会、企業や住民などにもチェックを依頼。
みんなにマップを配り、歩いてチェックをしてもらい、回収するという流れで進めていきました。
実際に関わってもらうことによって、意識が変わります。この取り組みにも興味を持ってもらうことができました。
  関わってもらうことが重要

落とし込みとチェックを繰り返す  
【 落とし込みとチェックを繰り返す 】

それぞれがチェックしたマップをもとに、目立たせたいスポットを入れ込んでいきます。
プリントアウトしたマークを一つひとつ切り貼りして落とし込んだら、再度チェック。
モレがないかを、何度も歩いてチェックしていきました。
落とし込みとチェックを繰り返す

ついに完成!   ついに完成!
【 そして、ついに完成!!】

スタートから半年かかってついに完成!
子供からお年寄りまで、みんなが使えるマップです。


こだわりポイント!

  その ―颪込みができる!
その ―颪込みができる!  
自分用にカスタマイズしてこそ、本当に使いやすいマップになると思います。自分の家や、通っている病院、お店の情報などを書き込めるよう、シンプルなマップにしました。
メモ欄も設けています。


  
その◆(慷な連絡先
その◆(慷な連絡先  
消防、警察、相談場所などを大きな文字で記しました。
消防119、警察110などは知っていて当然の番号だと思いがちですが、気が動転すると分からなくなるものです。
障害がある人が、緊急時に電話をかけられなかったという事例もあったので、大切な電話番号はしっかり記入しました。


  その 分かりやすいアイコン
その 分かりやすいアイコン  
病院や銀行、AED設置箇所、車いす用トイレなど、体の不自由な人やお年寄りにも便利なアイコンを設けました。
分かりやすくするために、カラフルで大きなアイコンにしています。
最近貴重な存在になった「公衆電話」もしっかり入れています。
バス乗り場も、行きと帰りで離れた場所にあったりするので、行き帰りの両方を入れました。


  そのぁ 苗”で区切る
そのぁ 苗”で区切る  
病院や施設の情報は、町別に区切りました。
番号も町別につけているので、自分の地域の情報を見つけやすくなっています。
また、児童クラブやサロンなど、気軽に立ち寄れる地域のスポットも記しました。


  そのァ 匹まばらさん”もいい味出してます
そのァ 匹まばらさん”もいい味出してます    
桑原地区まちづくり協議会のキャラクター「くまばらさん」を入れることで明るい雰囲気に。
子供たちにも手に取りやすいマップになりました。


ぜひ、活用してみてくださいね♪





【福祉マップに関するお問合せ】
グループホームひがし野 〒 790-0912  愛媛県松山市畑寺町丙68-1  TEL089-914-5502/FAX089-914-5503   
    グループホームひがし野

      〒 790 - 0912
      愛媛県松山市畑寺町丙68-1
      電話:089 - 914 - 5502

      FAX:089 - 914 - 5503

     >> メディカサイト施設紹介ページ


このページのTOPへ戻る
利用規約 | リンクについて | 会社概要 | プライバシーポリシー | お問合せ | 求人・施設・企業広告掲載について
Copyright © 2006- Medica group.,Ltd. All Rights Reserved.