ǥ

ȥޥå ҳ 䤤碌
ɲ󥵥
äǤΤ䤤碌089-907-4056
HOMEýꥹޥå碌Ϥ᡼ޥ
Ǻܲ߰ʡ֥ߤζ;ǥߥ˥ƥ




これまでの特集
技能実習生
受け入れ活動レポ
第2弾
   
技能実習生
受け入れ活動レポ
第1弾
   
第1回
エンドオブライフ・ケア
愛媛 学習会
研修レポート
   
愛媛県介護福祉士会
「総会・特別研修会」
研修レポート
   
「家族信託」について
知っておこう!
   
介護福祉士
実務者研修
国家試験

松山市
介護付有料老人
ホーム連絡会
研修会レポート

人を元気にする
スキンシップ

平成30年度
愛媛県若年性認知症
支援コーディネーター
セミナーを終えて

地域×ICT活用!
西条市の取り組み

よい環境がそろってる!
活用しよう!
介護の学び場

若年性認知症支援
コーディネーターとは?
(その2)

若年性認知症支援
コーディネーターとは?
(その1)

要支援1・2の
高齢者を支える
「生活支援型
通所サービス」

体と心が元気になる
夢虹色カフェって
どんなとこ !?

今注目の健康法!
「笑いヨガ」って
なあに?

愛媛県内の
「カフェ(認知症カフェ)」

介護と障がいの
共存を目指して

「自主性」が
キーワード
ワイズひろばの
人気のヒミツ

専門医師がいる
認知症カフェ
「すまいるカフェ遊ぐん」
OPEN!

制度の狭間を支える
ケアハウスの
存在意義を改めて

「介護予防・
日常生活支援総合事業」
何のために?
どう変わる?

平成30年
介護報酬改定
そして平成33年改定に
向けた課題と取り組み

働きやすい
企業を目指して

グループホーム革命!
Gigi Baba
Volunteer28誕生!

「基幹型地域包括
支援センター」の
仕事!

離れた暮らす
家族をサポート
高齢者見守りサービス

つなぐ、つなげる 想い
地域介護の
本質を探る!

サービス付き
高齢者向け住宅の
これから

愛媛にもいよいよ誕生 !
愛媛県介護支援
専門員協会

「在宅強化型」と
「在宅復帰支援型」で
「老健」の役割を
果たしていく

密着!
ペッパーの1日

在宅医療を支える病床
「たんぽぽのおうち」の
想い

改正!介護保険の
費用負担Q&A
~松山市編~

第5回介護甲子園
優勝までの軌跡

内子町
町内グループホーム
合同運動会

成年後見制度を
活用しよう!

おれんじCafe
だんだんの舞台裏

ごごしま×施設
それぞれの想い

戦略的
経費削減セミナー

看護小規模多機能型
居宅介護の実態

あのデイサービスが
オシャレな理由

平成27年度
介護報酬改定情報

どうなる!?
介護福祉資格の
再構築

ケアハウスれんげ
ロビー展

第5回
認知症対応型
デイサービス交流会

第5回
えひめ福祉博2014
レポート

”働きたい”
障害者のための
心と体の準備室

ここでしかできないこと
田舎のチカラを
生かす!

送迎(福祉)車両
安全講習会レポート
2014年版

デイ同士の親睦を
深める!
第3回
懇親ボウリング大会

関連死を防ぐ!
福祉避難所Q&A

レポート!
「仕事と介護の両立」を
考える交流講座

短時間で
しっかりリハビリ!
『半日型デイサービス』

泰羅雅登教授 講演会
学習療法・脳の
健康教室実践事例
発表会

第10回
日本高齢者
虐待防止会(JAPEA)
愛媛大会レポート

第62回
四国老人福祉施設
関係者研究大会

新創設
介護職員初任者研修
から読みとく
介護業界の現状

本格的に
レクリエーション!
レッツ!
レクボウリング!

みんなで広げよう
音楽の輪!
トキアンサンブル
15周年音楽感謝祭

認知症疾患医療センターに相談しよう!

送迎(福祉)車両
安全運転講習会
レポート

地域で支える住まい
サービス付き
高齢者向け住宅

これからは
助け合いの時代!

デイ同士の絆を深める
懇親ボウリング大会

『松山市認知症
高齢者見守り・
SOSネットワーク』登場!
松山市保健福祉部 介護保険課
8事業所が大集合!
愛・民家連
仮装運動会
愛・民家連
朝活 !? 就活 !?
”介活”
してみませんか !?

脳を知り認知症を
予防する
~脳科学から見た
学習療法の可能性~
愛媛学習療法研究会
”街ぐるみで
楽しく介護予防”
脳トレ大学に
行ってみよう!
東温市保険年金課
株式会社コンフォルト
手を取り合って
大きな力に!
愛・民家連の
愛ある取り組み
愛媛県小規模通所サービス連合会
愛・民家連
だれでも分かりやすく
活用できるマップ
桑原福祉マップが
できるまで
桑原まちづくり協議会 保健福祉部
こどもの笑顔が
一番のリハビリ!?
お年寄りとこどもの
コミュニティ空間
デイサービスセンター梅本の里・小梅
知ってるようで
知らない
要介護状態のギモン
メディカサイト
『介護の仕事』を
目指すみなさんへ!
松山東雲短期大学
「ブログ」が楽しい
「新聞広報誌」に
『ブログ新聞』を作ろう!
ブログ新聞maker
小規模な居宅介護支援
事業者の集い
「ひとりケアマネの会」
「ひとりケアマネの会」
地域包括支援センター
ガイド
松山市地域包括支援センター
桑原・道後


 ⇒ 過去の特集はこちら!




>>介護福祉士実務者研修・介護福祉士国家試験

介護福祉士実務者研修・介護福祉士国家試験

■ 愛媛県の介護福祉士実務者養成施設一覧

愛媛県の介護福祉士実務者養成施設一覧はこちら

愛媛県の介護福祉士実務者養成施設の受講日程はこちら


介護福祉士国家試験の受験には、介護現場での「実務経験3年」に加えて「実務者研修」の修了が必要です。
そのため、介護福祉士を目指す方は、実務者研修を修了するための計画的な学習スケジュールを立てることが重要です。
保有資格によっては、修了までに6ヶ月かかる場合もありますので、早めに実務者研修をスタートしましょう!





■ 実務者研修の流れと標準学習期間

所有されている資格により免除される講習があります。
通学と通信による受講が可能です。

(通信過程のケース)


※画像をクリックすると、大きな画像が見れます。(三幸福祉カレッジ資料から抜粋)



※画像をクリックすると、大きな画像が見れます。(三幸福祉カレッジ資料から抜粋)

※介護過程Ⅲ(通学)を受講するためには、介護過程Ⅰ・Ⅱが合格点に達していることが必須条件です。
※医療的ケア(通学)を受講するためには、医療的ケア(通信)が合格点に達していることが必須条件です。
※上記2つ以外に関しては、修了までに合格点に達していれば問題ありません。

・「介護職員基礎研修」をお持ちの方は「介護過程Ⅲ」が免除になります。
・「喀痰吸引1・2号」を修了の方は、「医療的ケア」が免除になります。
・その他の方は介護過程Ⅲ、医療的ケア両方の日程が必須です。




■ 介護福祉士国家試験の受験ルート

【受験資格】


※画像をクリックすると、大きな画像が見れます。(社会福祉振興・試験センターより抜粋)

公益財団法人 社会福祉振興・試験センター 介護福祉士国家試験
http://www.sssc.or.jp/kaigo/shikaku/route.html

※1
「社会福祉士及び介護福祉士法」の改正により、平成29年度(第30回)から、養成施設ルートが介護福祉士国家試験の受験資格となりました。
なお、養成施設を平成33年度末までに卒業する方は、卒業後5年の間は、国家試験を受験しなくても、または、合格しなくても、介護福祉士になることができます。
この間に国家試験に合格するか、卒業後5年間続けて介護等の業務に従事することで、5年経過後も介護福祉士の登録を継続することができます。
平成34年度以降に養成施設を卒業する方からは、国家試験に合格しなければ介護福祉士になることはできません。

※2
実務経験ルートで受験を希望する方は「実務経験3年以上」だけでは受験できません。

※3
平成20年度以前に福祉系高等学校(専攻科を含む)に入学し、卒業した方、特例高等学校(専攻科を含む)を卒業し、9か月以上介護等の業務に従事した方が、「実技試験の免除」を申請する場合は、「介護技術講習」を修了する必要があります。
「実務者研修」の修了で実技試験が免除になるのは、「実務経験ルート」と、「経済連携協定(EPA)ルート」の方のみですのでご注意ください。



■ 同じ年度の介護福祉士受験に間に合わせるためには

介護福祉士受験年度の12月末までに実務者研修を修了していることが受験要件になります。
そのため、無資格の方については、遅くても6月末までに実務者研修を申し込むことが必要です。
ホームヘルパー2級・ホームヘルパー1級・初任者研修・介護職員基礎研修をお持ちの方は、遅くても8月末日までに、実務者研修を申し込むことが必要です。

願書提出の段階で修了されていない方には、修了見込証明書を発行してもらうことが可能です。
修了見込証明書を願書に同封することで、受験の申し込みができます。



■ 教育訓練給付制度

教育訓練給付制度とは、厚生労働省が雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的に、資格取得の補助金を出す制度となっており、厚生労働大臣が指定する講座のみがその対象となります。

また、教育訓練給付制度では、大別すると
一般教育訓練給付金
専門実践教育訓練給付金
の2つが設けられており、それぞれ対象となる資格講座や給付金額などが異なります。

【一般教育訓練給付金】
・対象講座の受講期間
1年以内の講座

・給付金額
受講者本人が指定教育訓練実施者に対して支払った教育訓練費の20%に相当する額がハローワークより支給されます。
ただし、20%に相当する額が10万円を超える場合は最大10万円とし、4,000円を超えない場合は支給されません。

⇒詳細はこちら


【専門実践教育訓練給付金】
・対象講座の受講期間
1年以上3年以内のより専門的な分野の講座

・給付金額
(訓練受講中)
1年あたり [教育訓練費] × [40%] で最大32万円を支給(ただし4千円を超える場合)。
訓練期間は最大で3年間なので、3年で最大96万円を支給。

(訓練修了後)
専門実践教育訓練の受講を修了した後、あらかじめ定められた資格等を取得し、受講修了日の翌日から1年以内に被保険者として雇用された方に対しては、[教育訓練経費] × [20%] に相当する額を追加支給。

⇒詳細はこちら


ハローワークでは、教育訓練給付制度の対象者か否かを確認してくれるサービスを行っており、ハローワークや資格学校などの教育訓練施設で配布している「教育訓練給付金支給要件照会票」に必要事項を記入し、本人来所/代理人/郵送のいずれかの方法で、照会者の地域を管轄するハローワークに提出します。

照会結果については後日「教育訓練給付金支給要件回答書」で通知されてきます。

この方法であれば自分自身が対象者かどうかを確実に知ることが出来ますので、講座を受講する前にこちらでチェックしておくことをおすすめします。


ハローワークに問い合わせる前に、セルフチェックも出来ます。
一般教育訓練給付金の対象者チェックフローチャート
専門実践教育訓練給付金の対象者チェックフローチャート

⇒https://takken-get.jp/archives/724


教育訓練給付制度について
詳しくは、こちらをご覧ください。

⇒介護福祉士国家試験についての詳細はこちら

⇒介護福祉士初任者研修情報はこちら





このページのTOPへ戻る
利用規約 | リンクについて | 会社概要 | プライバシーポリシー | お問合せ | 求人・施設・企業広告掲載について | 医療介護の転職支援・人材紹介サービス「メディカコミュニティ」 | 愛媛の介護転職
Copyright © 2006- Medica group.,Ltd. All Rights Reserved.