メディカサイト

サイトマップ 会社概要 お問い合わせ
愛媛県の総合介護情報サイト
お電話でのお問い合わせは089-907-4056
HOME今月の特集カリスマスタッフしあわせごはんコラムメールマガジン
掲載介護施設一覧福祉ブログ広場介護施設の空室状況求人情報メディカコミュニティ




これまでの特集
体と心が元気になる
夢虹色カフェって
どんなとこ !?

今注目の健康法!
「笑いヨガ」って
なあに?

愛媛県内の
「カフェ(認知症カフェ)」

介護と障がいの
共存を目指して

「自主性」が
キーワード
ワイズひろばの
人気のヒミツ

専門医師がいる
認知症カフェ
「すまいるカフェ遊ぐん」
OPEN!

制度の狭間を支える
ケアハウスの
存在意義を改めて

「介護予防・
日常生活支援総合事業」
何のために?
どう変わる?

平成30年
介護報酬改定
そして平成33年改定に
向けた課題と取り組み

働きやすい
企業を目指して

グループホーム革命!
Gigi Baba
Volunteer28誕生!

「基幹型地域包括
支援センター」の
仕事!

離れた暮らす
家族をサポート
高齢者見守りサービス

つなぐ、つなげる 想い
地域介護の
本質を探る!

サービス付き
高齢者向け住宅の
これから

愛媛にもいよいよ誕生 !
愛媛県介護支援
専門員協会

「在宅強化型」と
「在宅復帰支援型」で
「老健」の役割を
果たしていく

密着!
ペッパーの1日

在宅医療を支える病床
「たんぽぽのおうち」の
想い

改正!介護保険の
費用負担Q&A
〜松山市編〜

第5回介護甲子園
優勝までの軌跡

内子町
町内グループホーム
合同運動会

成年後見制度を
活用しよう!

おれんじCafe
だんだんの舞台裏

ごごしま×施設
それぞれの想い

戦略的
経費削減セミナー

看護小規模多機能型
居宅介護の実態

あのデイサービスが
オシャレな理由

平成27年度
介護報酬改定情報

どうなる!?
介護福祉資格の
再構築

ケアハウスれんげ
ロビー展

第5回
認知症対応型
デイサービス交流会

第5回
えひめ福祉博2014
レポート

”働きたい”
障害者のための
心と体の準備室

ここでしかできないこと
田舎のチカラを
生かす!

送迎(福祉)車両
安全講習会レポート
2014年版

デイ同士の親睦を
深める!
第3回
懇親ボウリング大会

関連死を防ぐ!
福祉避難所Q&A

レポート!
「仕事と介護の両立」を
考える交流講座

短時間で
しっかりリハビリ!
『半日型デイサービス』

泰羅雅登教授 講演会
学習療法・脳の
健康教室実践事例
発表会

第10回
日本高齢者
虐待防止会(JAPEA)
愛媛大会レポート

第62回
四国老人福祉施設
関係者研究大会

新創設
介護職員初任者研修
から読みとく
介護業界の現状

本格的に
レクリエーション!
レッツ!
レクボウリング!

みんなで広げよう
音楽の輪!
トキアンサンブル
15周年音楽感謝祭

認知症疾患医療センターに相談しよう!

送迎(福祉)車両
安全運転講習会
レポート

地域で支える住まい
サービス付き
高齢者向け住宅

これからは
助け合いの時代!

デイ同士の絆を深める
懇親ボウリング大会

『松山市認知症
高齢者見守り・
SOSネットワーク』登場!
松山市保健福祉部 介護保険課
8事業所が大集合!
愛・民家連
仮装運動会
愛・民家連
朝活 !? 就活 !?
”介活”
してみませんか !?

脳を知り認知症を
予防する
〜脳科学から見た
学習療法の可能性〜
愛媛学習療法研究会
”街ぐるみで
楽しく介護予防”
脳トレ大学に
行ってみよう!
東温市保険年金課
株式会社コンフォルト
手を取り合って
大きな力に!
愛・民家連の
愛ある取り組み
愛媛県小規模通所サービス連合会
愛・民家連
だれでも分かりやすく
活用できるマップ
桑原福祉マップが
できるまで
桑原まちづくり協議会 保健福祉部
こどもの笑顔が
一番のリハビリ!?
お年寄りとこどもの
コミュニティ空間
デイサービスセンター梅本の里・小梅
知ってるようで
知らない
要介護状態のギモン
メディカサイト
『介護の仕事』を
目指すみなさんへ!
松山東雲短期大学
「ブログ」が楽しい
「新聞広報誌」に
『ブログ新聞』を作ろう!
ブログ新聞maker
小規模な居宅介護支援
事業者の集い
「ひとりケアマネの会」
「ひとりケアマネの会」
地域包括支援センター
ガイド
松山市地域包括支援センター
桑原・道後


 ⇒ 過去の特集はこちら!




>>今月の特集


毎月第一日曜日、デイサービス内にオープンするカフェがあるって知っていますか?
地域住民の方、認知症の方、ご家族の方を中心に開放されているカフェ。
100円で飲み物やケーキ、マッサージを楽しめるのです。
なんと、関わっているスタッフはみなさんボランティア!
なぜ、このようなカフェをつくったのでしょうか?
その想いと舞台裏をご紹介させていただきます。



医療法人ビハーラ藤原 胃腸科 介護部門
おれんじCafe だんだん 責任者
五藤 恵 さん
【おれんじCafe だんだんへの想い】
おれんじCafeをはじめたきっかけは、厚生労働省による認知症施策5か年計画『オレンジプラン』の登場でした。
オレンジプランには「地域での生活を支える介護サービスの構築」「地域での日常生活・家族の支援の強化」などが掲げられています。
私自身、夫の母が認知症になり、介護をするようになって実感したのは、「とにかく相談できる場所がほしい」ということ。
介護のプロである自分でさえ、いざ自分の身に起こると「何をすればよいか分からない」「誰に相談すればよいか分からない」というパニック状態に陥りました。
認知症の家族の方や、ご本人が気軽に集い、相談できる場所があればいいな…そんな想いから、おれんじCafeは登場しました。
カフェは月1回、第1日曜日の開催。
スタッフは全員勤務時間外のボランティアです。
マッサージに来られている方は、外部スタッフですが、その方たちも全員ボランティア。
「自分たちの勉強になるから」と、来て下さっています。
ありがたいことです。
また藤原理事をはじめ、グループホームルンビニー、グループホームアショカ、それぞれの管理者も来ているので、安心して相談することができます。
利用されている方からは「お友達と集まれるのがストレス発散になる」「夫が認知症かも…と不安になって、来てみました。
相談できて安心しました」などの声を聞いています。マッサージも大好評で、毎回マッサージ目的に通われている方も多いです。
今後は認知症の方にホールに立っていただき、昼食の提供などもやってみたいですね。
これからも地域全体で、認知症を予防できるように、認知症の方やその家族を支えられるように。
プロとして適切なアドバイスをし、きちんとしたルートへつなげることができたらと考えています。





通常はデイサービスである場所をカフェにするのですから、カフェ当日のスタッフは大忙し!
まずは掃き掃除からはじめます。



椅子や机の配置換えも一苦労です。
お話がしやすいよう、くつろぎやすいように、移動させます。



  
荷物入れも手づくり。
脱衣かごに布をかけて、オシャレに。



 
テーブルクロスは、こぼしても大丈夫なようにビニールシートを重ねます。
テーブルクロスもスタッフてづくり。
看板も、スタッフが工夫してつくった力作です!

 

 
少しでもカフェの雰囲気がでるように、クロスをかけて。

 

 
足りない机は、グループホームからも運び出します!

  

これでひととおり、準備は完了です!
各テーブルに、ミルクやガムシロップも準備しています!



まずは受付をしていただき、スタンプを押していきます。
マッサージを利用される方は、ここで予約をとります。
今回、一番最初に来られたのは、記念すべき来店10回目お客さま!
サプライズプレゼントに、とっても喜んでいただきました!

  

お好きな席にかけていただき、メニューをオーダー。

 

 

ケーキは5〜6種類の中から、ドリンクは約4種類から選んでもらいます。
とってもゼイタクです!

  

予約の時間になると、マッサージが受けられます。
マッサージのスタッフは、普段訪問マッサージをメインにしており、高齢者の方を施術することが多いので、ご家族の方などいつもとは違った方たちの施術をするのが勉強になると言ってくれています。
普段、介護をがんばっている方はもちろん、地域の住民の方にとって、癒しの時間となっています。

  

厨房も大忙し。
カフェの雰囲気を出すため、紅葉などの葉っぱを用意するなど、盛りつけも美しく工夫しています。

  

もちろん、ウェイター、ウェイトレスもスタッフです。

  

カフェ以外の場所でも、お客さまとスタッフの交流が至るところで♪




以前、義母がグループホームを利用しており、今は夫がデイサービスを利用しています。
夫は麻痺があり、一時はしゃべることもできず、手も動かなかったのですが、ここに来るようになって、声も出るようになって、手も動かせるようになりました。
ここで、手を使ってケーキをいただけることがありがたいです!
カフェでは、以前の職場の仲間を誘って同窓会ができるので、楽しいです。

以前、デイサービスを利用していました。
今は、違うところへ通っていますが、こういう機会を設けていただけると、仲良しのスタッフさんたちの顔を見ることができるのでうれしいです。
外に出るきっかけにもなりますし。
こうやって介護保険外のつきあいができるのは、うれしいですね。

カフェは毎月来ています。
それがきっかけで、デイサービスを利用していました。
カフェで、スタッフのみなさんの雰囲気を知って、いいなぁと思ったからです。
しばらく通っていたのですが、短時間のリハビリ施設へうつることになりました。
ここの方たちは大好きなので、こういう機会があって会えるのはうれしいことです。





― スタッフの気持ちが伝わる、あたたかいカフェでした ―

普段デイサービスとして使っている場所を、月に一度だけカフェにする」。
考えただけでも大変な作業ですが、それを全員ボランティアでされていると聞き、本当にびっくりしました。
しかも、その目的が「認知症の方や、認知症の家族、地域をサポートする」こと。
自分たちの施設利用につながらなくても、お客さまのお話を聞いて、適切なところにつないであげている姿が印象的でした。
スタッフの気持ちがあたたかさで満ちているから、不安を抱えて訪れるお客さまも笑顔になって帰っていく…そんなステキな空間でした!
 


おれんじCafe だんだん
■ 日時:毎月第1日曜日営業 13時〜15時」30分
  ※27年9月の営業は 9月6日(日)です♪
■ 参加費:100円
■ お問い合わせ&開催場所:
  デイサービスセンター ビハーラ
  ⇒メディカサイト施設紹介ページ




このページのTOPへ戻る
利用規約 | リンクについて | 会社概要 | プライバシーポリシー | お問合せ | 求人・施設・企業広告掲載について
Copyright © 2006- Medica group.,Ltd. All Rights Reserved.