メディカサイト

サイトマップ 会社概要 お問い合わせ
愛媛県の総合介護情報サイト
お電話でのお問い合わせは089-907-4056
HOME今月の特集カリスマスタッフしあわせごはんコラムメールマガジン
掲載介護施設一覧福祉ブログ広場介護施設の空室状況求人情報メディカコミュニティ



メディカグループ
代表のブログ



メディカサイト
セミナーについて



メディカサイト
セミナー・講演一覧



メディカサイト
コンサルティング




これまでのコラム


改正された
個人情報保護法について、
きちんと理解しよう!


介護業界はなぜ
「タメ口(お友達言葉)」
を使うのか??


介護業界における
外国人の参入


「加算」という仕組み

日常生活支援総合事業について

「懐かしい」を定義しよう!
その2


「懐かしい」を定義しよう!

最低賃金 時給24円アップ

介護サービス縮小
今後の介護業界の流れ


医療側の地域包括ケア・
介護側の地域包括ケア


8割の元気な高齢者

介護事業所の営業促進ツール

職場における
人の成長について


転職について考えよう!
(管理職編)


転職について考えよう!
(一般職員編)


介護事業は儲かるのか?
しんどいのか?(後編)


介護事業は儲かるのか?
しんどいのか?(前編)


介護業界の情報通になる!

人と職場を繋ぐということ

入居者・利用者に選ばれる
ための「5つのポイント」


先手先手で困らない
体質を創る!(求人編)


マイナンバー制度

社会福祉法人の会計報告書

リーダーシップ

独立するということ

介護業界はどうして
人手不足なのか?
という質問への回答


研修という矛盾

コンセプトメイキング

ケアマネの独立性を考える
その2


ケアマネの独立性を考える

介護事業という性質について

マネジメントというお仕事

介護施設の雰囲気を
つくるのは何か?

介護事業を始める・・・ということ

トップを支えるということ

ボスとリーダー

『地域』に根ざすということ

数字での理解・把握

○○療法なるもの

引っ張り派 と ぶら下がり派

アンケートなるものの使い方

施設見学をするにあたって
(介護事業者間)


高齢者見守りネットワーク

社内講師で研修をする意味

考える と 思いつく

作業と仕事の違い

地域資源を活用する

黒子という役割

介護業界の
ステップアップとは?


認知症薬なるもの





メディカサイトコラム 介護業界コラム
メディカサイト運営会社代表によるコラムです。
代表ブログの記事を一部、転載しています。
介護業界や介護事業の経営や運営について、あれこれ書いていますので、気軽に読んでくださいね。

⇒ メディカグループ代表ブログはこちら
 

 
 
改正された個人情報保護法について、
きちんと理解しよう!

 
 

2017年5月30日、改正された個人情報保護法が「施行」されました。
(ちなみに、成立は平成27年9月でした。)

今回の改正、要チェック!!ですので、まとめていきたいと思います。


まずはおさらいからです。

ほとんど誰も覚えている人はいないのではないかと思いますが、
そもそも、個人情報保護法は、「住民基本台帳法」とセットで作られたものです。

住民基本台帳法により、既に私たち一人一人にナンバーが振られています。
(住民基本台帳カードを覚えていますか?)

マイナンバーなんてなくても、既に個人識別番号を持っているわけなのですね。

この住民基本台帳法の改正により、市役所にいかなくても住民票や戸籍謄本が取れるようになりました。
松山市では某スーパーの中に、市民サービスセンターができ、各種手続きができるようになり、とっても便利ですよね。

しかしながら、お役所の方々が自由に、住民票や戸籍の情報にアクセスできるようになると、悪用される怖れも出てきます。
このような事態を抑えるために作られたのが、個人情報保護法なのですよね。

すなわち、「お役所」から、私たちの個人情報を守るために作られた法律なのです。

個人情報保護法の第一条にも、「国及び地方公共団体の責務等をあきらかにする」と名言されています。
では、なぜ、私たちの生活において、個人情報保護法なので、なんたらかんたら・・・と騒いでいたのでしょうか?

これは第二条に記載されています。

この法律における「個人情報取扱事業者」とは、

一 国の機関

二 地方公共団体

三 独立行政法人等(独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律(平成十五年法律第五十九号)第二条第一項に規定する独立行政法人等をいう。以下同じ。)

四 地方独立行政法人(地方独立行政法人法(平成十五年法律第百十八号)第二条第一項に規定する地方独立行政法人をいう。以下同じ。)

五 その取り扱う個人情報の量及び利用方法からみて個人の権利利益を害するおそれが少ないものとして政令で定める者

となっています。

この「五」が過大解釈されていたわけで、国や地方公共団体レベルの大量の情報を扱う企業は、この法律の対象にしましょう!ということでした。

その数は「5,000人」でした。

つまり、個人情報を5,000人分持っていない企業は、個人情報保護法とは何の関係もない!ということだったのですよね。
ここの部分、とても多くの方が勘違いをしていました。


さて、もう一つ、個人情報保護法について訳がわからなくなった理由として、「個人情報」の定義があります。

同じく、第二条を見てみますと、

第二条 この法律において「個人情報」とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)をいう。
ややこしいですが、簡単に言いますと、これまでの「個人情報」とは、

・氏名

・生年月日

の2つだったのですよね。

この文言に「その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)」というものが追加されたおかげで、際限のない状況に、世の中が追い込まれていたわけです。


今回の個人情報保護法の改正では、これらの点がしっかりと改正されました。
どのような改正があったのか、以下に記載をしていきます。

まず、個人情報の定義に「個人識別符号」が追加されました。

これは何なのか簡単に述べますと、個人が特定できるすべての番号となります。

キャッシュカード番号、クレジットカード番号、お店のカード、指紋データ、社員ID、携帯電話の番号、車のナンバー、メールアドレス、LINE ID、その他なんでも、です。

介護業界で言いますと、介護保険証の番号が該当してきます。

これまで、アバウトで何でもかんでも「個人情報」でしたが、今回の改正で法的に何でもかんでも「個人情報」となってしまいました。


次に、「個人情報取扱事業者」の幅が思いっきり広がりました。

これまでは「5,000人」以下の企業は個人情報保護法の対象外でしたが、この5,000件要件が撤廃されてしまいました。

すなわち、世の中のすべての企業、団体が個人情報保護法の対象となってしまいました!

介護業界で言わなくても、すべての事業所が該当することになりました。

今までは、個人情報保護法の問題というより、「プライバシー」の問題だったのですが、このプライバシーについては法制化されておらず、憲法レベルの解釈のため、本当に難しい問題でした。

これからは、すべてが個人情報保護法の範囲となってきますので、これまで通り「プライバシー」の問題では済まないという状況となりました。


最後にもう1点変わったことといえば、個人情報を取り扱う会社の「従業員」や、個人情報の管理を委託する「委託先」についての監督義務がより明確になったことでしょうか。

業務委託も増え、委託先による情報漏洩のニュースも多くなってきました。

介護業界に置いては、ケアマネジャーと事業所間の情報のやり取り、職員による個人情報の持ち出し、介護ソフトなどインターネット上のシステムを利用する際における情報の管理監督、などが関係してきます。

委託先、事業の承継(事業売却や廃止に伴う利用者移動)、共同利用(自社内での事業所間での情報のやりとり)について、「本人に通知等」を行わなければなりません。

通知の内容は次の4つ。

・共同して利用される個人データの項目

・共同して利用する者の半紙

・利用する者の取得時の利用目的

・当該個人デー丹管理について責任を有する者の氏名又は名称


第三者への個人データの提供、または、第三者からの個人データの受領に関しては、受領者は提供者の指名やデータの「取得経緯」等を確認して、記録して、一定期間保存しなければなりません。
提供者は、個人データの提供の年月日、個人データの受領者の指名等を記録して保存しなければなりません。

オンラインの介護請求ソフト等は、既に会社別に対応されていると思いますが、原理原則を知っておいていただければと思います。


ということで、ちょっと堅めの文章となってしまいましたが、改正個人情報保護法の施行について。
介護業界でも意識を新たに取り組んでいかなければならない課題ですので、ぜひ、しっかりと法律を熟読の上、取り組んでいただければと思います。


【個人情報保護委員会】
https://www.ppc.go.jp/

https://www.ppc.go.jp/files/pdf/personal_2902leaf_smallbusinesses.pdf

http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/privacy/downloadfiles/01kaiseikojinjohopamphlet.pdf


(記 平成29年6月12日)

このページのTOPへ戻る
利用規約 | リンクについて | 会社概要 | プライバシーポリシー | お問合せ | 求人・施設・企業広告掲載について
Copyright © 2006- Medica group.,Ltd. All Rights Reserved.