ǥ

ȥޥå ҳ 䤤碌
ɲ󥵥
äǤΤ䤤碌089-907-4056
HOMEýꥹޥå碌Ϥ᡼ޥ
Ǻܲ߰ʡ֥ߤζ;ǥߥ˥ƥ



メディカグループ
代表のブログ



メディカサイト
セミナーについて



メディカサイト
セミナー・講演一覧



メディカサイト
コンサルティング




これまでのコラム


「老人ホーム紹介サービス」
って「無料紹介」だと
思っていませんか?
地域の介護業界が
崩壊しますよ。


改正された
個人情報保護法について、
きちんと理解しよう!


介護業界はなぜ
「タメ口(お友達言葉)」
を使うのか??


介護業界における
外国人の参入


「加算」という仕組み

日常生活支援総合事業について

「懐かしい」を定義しよう!
その2


「懐かしい」を定義しよう!

最低賃金 時給24円アップ

介護サービス縮小
今後の介護業界の流れ


医療側の地域包括ケア・
介護側の地域包括ケア


8割の元気な高齢者

介護事業所の営業促進ツール

職場における
人の成長について


転職について考えよう!
(管理職編)


転職について考えよう!
(一般職員編)


介護事業は儲かるのか?
しんどいのか?(後編)


介護事業は儲かるのか?
しんどいのか?(前編)


介護業界の情報通になる!

人と職場を繋ぐということ

入居者・利用者に選ばれる
ための「5つのポイント」


先手先手で困らない
体質を創る!(求人編)


マイナンバー制度

社会福祉法人の会計報告書

リーダーシップ

独立するということ

介護業界はどうして
人手不足なのか?
という質問への回答


研修という矛盾

コンセプトメイキング

ケアマネの独立性を考える
その2


ケアマネの独立性を考える

介護事業という性質について

マネジメントというお仕事

介護施設の雰囲気を
つくるのは何か?

介護事業を始める・・・ということ

トップを支えるということ

ボスとリーダー

『地域』に根ざすということ

数字での理解・把握

○○療法なるもの

引っ張り派 と ぶら下がり派

アンケートなるものの使い方

施設見学をするにあたって
(介護事業者間)


高齢者見守りネットワーク

社内講師で研修をする意味

考える と 思いつく

作業と仕事の違い

地域資源を活用する

黒子という役割

介護業界の
ステップアップとは?


認知症薬なるもの





メディカサイトコラム 介護業界コラム
メディカサイト運営会社代表によるコラムです。
代表ブログの記事を一部、転載しています。
介護業界に関するあれこれ書いていますので、気軽に読んでくださいね。

⇒ メディカグループ代表ブログはこちら
 

 
 
『地域』に根ざすということ
 
 

ディカサイトで施設取材をしている際に、多くの介護施設の施設長・管理者の方が言われる言葉。

『地域に根ざしながら』
『地域に開放して』
『地域の人に気軽に寄ってほしい』

この『地域』という言葉。
使うのは簡単ですが、溶け込むのは本当に難しいですよね。

地域の方々にとって『介護施設』なんて、『よそ者』でしかありません。
特に、介護や福祉というものには、自分が関わるその日まで、大きな関心を持ってもらうことは難しいものです。

いくら介護施設が望んだところで、所詮は『よそ者』です。
田舎にいけばいくほど、その地の人間として認めてもらうには時間がかかります。


私が以前働いていた地域では、この地で30年以上暮らしている人に対して、

『あの人はよそから来た人だからねぇ』

と、ご近所さんが話をされていました。

まして、その地に住んでいない『介護施設』が、地域に根ざすなんて、とんでもない時間がかかるわけです。


だからこそ、

・日々、挨拶を交わし、
・町内会の会合に参加をしたり、
・ゴミ拾いに参加したり、
・祭りに参加したり、
・運動会に参加したり、
・消防訓練に参加したり、

ということを、コツコツコツコツやっていくしかありません。


『施設』が地域に溶け込むなんてことはありません。
施設の『人間』が地域に溶け込んでいくのです。

そういうことを思いながら、

『地域の人に気軽に寄ってほしい』

ということを考えたときに、介護施設に寄るのではなく、この場所・建物に寄るということを考えると良いのではないかと思います。


いつも空いている会議室を、予約制にして、地域の方々のサークル活動等に貸し出したり、自宅等で各種スクールやサロン等を行っている人に貸し出したりすることで、介護に興味はなくても、人は訪れるようになります。

デイサービスの夜間帯なども同じです。
あれだけ立派なハコモノを建てて、昼間しか使っていないのはもったいないなぁと思います。
ボランティアに来てくださる方々の練習場所としても良いのになぁ。
ライバルは公民館、公的施設の会議室!
ここよりも、自由に使えて、安くて、きれいならば、『場所』を探している人はたくさんいます。

『えっ、ここは介護施設だったの?』という状況を作らなくては、本当の意味で、人が気軽に訪れる場所になることは不可能だと思います。
普段、気軽に立ち寄ることができる場所だからこそ、気軽に挨拶を交わす人間関係を構築できるからこそ、いざというときに、気軽に相談できるのではないかと思います。


今のところ、愛媛県で、人が自然と集まる場所で、『えっ、ここは介護施設だったの?』というところは、1ヶ所しか見たことがありません。

駄菓子屋 蛍 さん(デイサービスに併設です。)
https://www.medica-site.com/special/tokusyu048.html

そういう場所が増えていってほしいなぁ。

そんなことを考える今日この頃です。

(平成25年7月30日)

このページのTOPへ戻る
利用規約 | リンクについて | 会社概要 | プライバシーポリシー | お問合せ | 求人・施設・企業広告掲載について
Copyright © 2006- Medica group.,Ltd. All Rights Reserved.