ǥ

ȥޥå ҳ 䤤碌
ɲ󥵥
äǤΤ䤤碌089-907-4056
HOMEýꥹޥå碌Ϥ᡼ޥ
Ǻܲ߰ʡ֥ߤζ;ǥߥ˥ƥ



メディカグループ
代表のブログ



メディカサイト
セミナーについて



メディカサイト
セミナー・講演一覧



メディカサイト
コンサルティング




これまでのコラム


「老人ホーム紹介サービス」
って「無料紹介」だと
思っていませんか?
地域の介護業界が
崩壊しますよ。


改正された
個人情報保護法について、
きちんと理解しよう!


介護業界はなぜ
「タメ口(お友達言葉)」
を使うのか??


介護業界における
外国人の参入


「加算」という仕組み

日常生活支援総合事業について

「懐かしい」を定義しよう!
その2


「懐かしい」を定義しよう!

最低賃金 時給24円アップ

介護サービス縮小
今後の介護業界の流れ


医療側の地域包括ケア・
介護側の地域包括ケア


8割の元気な高齢者

介護事業所の営業促進ツール

職場における
人の成長について


転職について考えよう!
(管理職編)


転職について考えよう!
(一般職員編)


介護事業は儲かるのか?
しんどいのか?(後編)


介護事業は儲かるのか?
しんどいのか?(前編)


介護業界の情報通になる!

人と職場を繋ぐということ

入居者・利用者に選ばれる
ための「5つのポイント」


先手先手で困らない
体質を創る!(求人編)


マイナンバー制度

社会福祉法人の会計報告書

リーダーシップ

独立するということ

介護業界はどうして
人手不足なのか?
という質問への回答


研修という矛盾

コンセプトメイキング

ケアマネの独立性を考える
その2


ケアマネの独立性を考える

介護事業という性質について

マネジメントというお仕事

介護施設の雰囲気を
つくるのは何か?

介護事業を始める・・・ということ

トップを支えるということ

ボスとリーダー

『地域』に根ざすということ

数字での理解・把握

○○療法なるもの

引っ張り派 と ぶら下がり派

アンケートなるものの使い方

施設見学をするにあたって
(介護事業者間)


高齢者見守りネットワーク

社内講師で研修をする意味

考える と 思いつく

作業と仕事の違い

地域資源を活用する

黒子という役割

介護業界の
ステップアップとは?


認知症薬なるもの





メディカサイトコラム 介護業界コラム
メディカサイト運営会社代表によるコラムです。
代表ブログの記事を一部、転載しています。
介護業界や介護事業の経営や運営について、あれこれ書いていますので、気軽に読んでくださいね。

⇒ メディカグループ代表ブログはこちら
 

 
 
高齢者見守りネットワーク
 
 

昨日、とても素晴らしいことが、テレビでちょこっと放映されたのですが、今日の新聞も含め、あまりにも世間の認知度がほとんどないため、記載させていただきます。

大洲市は、平成25年2月20日から『高齢者見守りネットワーク』 を開始し、以下の協力事業者と、見守りについて『契約』を締結しました。

【協力事業者】
(1)日本郵便株式会社大洲郵便局
(2)生活協同組合コープえひめ
(3)愛媛新聞エリアサービス菅田
(4)有限会社愛媛新聞エリアサービス大洲
(5)愛媛新聞エリアサービス八多喜
(6)愛媛新聞エリアサービス大川
(7)愛媛新聞エリアサービス鹿野川
(8)愛媛新聞エリアサービス長浜
(9)愛媛新聞エリアサービス白滝
(10)朝日新聞サービスアンカーASA大洲株式会社
(11)毎日新聞大洲販売所
(12)読売センター大洲
(13)成山新聞店
(14)聖教新聞大洲販売店
(平成25年2月20日現在)

【事業者にご協力いただく内容】
 情報提供につきましては、各協力事業者が日常業務を行う中で、市民に関する日常と異なる不審な点に気付いた際に、各協力事業者様のご判断で、地域包括支援センターまたは在宅介護支援センターへ電話で情報をお寄せいただきます。

 なお、日常と異なる不審な点については、以下の事例等により、安否確認が必要と思われる場合です。

(異変の事例)
(1)数日間、新聞や郵便物が溜まっている。
(2)数日間、日中なのに電気が付いている。
(3)数日間、夕方なのに電気が付いていない。
(4)電気やガスの使用料が極端に少ない。
(5)何日も洗濯物が干しっぱなしになっている。
(6)日ごろ、開くはずの雨戸が閉まっている。  など。

現在、全国の各自治体にて、(認知症)高齢者見守り・SOSネットワークの構築が模索されています。

※高齢者見守り・SOSネットワーク で検索
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E9%AB%98%E9%BD%A2%E8%80%85%E8%A6%8B%
E5%AE%88%E3%82%8A%E3%83%BBSOS%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AF%
E3%83%BC%E3%82%AF&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq =


主な目的は、『徘徊時の早期発見』 と 『安否確認』(孤独死の予防) です。


本日も、石井・久谷地区での会議に参加してきましたが、『徘徊時の早期発見』 は、本当に難しいことです。
ロジックになりがちな対策ではなかなか難しく、いかにハートを広げていくのか、ということが大事になってきます。

しかしながら、『安否確認』については、様々な対応が可能です。

今回の大洲市の素晴らしいところは、自宅を訪問する業務の事業者と『契約書』を交わしたことです。
ともすれば、『ボランティア』や『善意の心』に頼り切ってしまう弱い制度ではなく、正式に『契約』して依頼することで、事業者の全社員に対して、『安否確認』という作業を指示することができるようになります。

生協の宅配、郵便配達、新聞配達では、高齢者の方と、直接お会いしたり、郵便受けの状況を確認したりと、自然な形で、安否確認をすることができます。
配達員の人数もさることながら、この3つの事業で、カバーできる高齢者世帯は、おそらく80%、いや90%を超えてくると思います。
とてもロジカルであり、とても現実的な対策です。
これに、電気、水道、ガスの検針をプラスすれば、限りなく100%になってきます。
素晴らしい取り組みです。


片や、もう一つの取り組みである『徘徊時の早期発見』は、日常の業務に組み込まれないため、『意識的』に取り組み続ける人がいなければなりません。
道すがらにある、コンビニ、ガソリンスタンド、昔ながらの商店、銀行、郵便局などのネットワーク作りが大切となりますが、現実問題としては、どのように連絡網を作っていくのか?ということが課題となります。
しかも、善意の第3者のネットワークというのは、確証がもてない仕組みですので、なかなか機能しにくいのが現実だと思います。

しかしながら、『ハート』を持つ方々は、どの街にも、どの地域にもいらっしゃいます。
どなたが、いざそのときに、近くにいて、かつ『ハート』を持っているのか?ということがポイントになってくると思います。

だからこそ、大切なことは『数』です。
どれだけ多くの人に『目』になってもらうのか?
たとえ1%の比率であったとしても、

100人の目があれば1人が『あれっ?』と気付きますし、
1,000人の目があれば10人が『あれっ?』と気付きますし、
10,000人の目があれば100人が『あれっ?』と気付きます。

そのためには、繰り返し繰り返し、声をかけ続けていくしかありません。
活動を地道に広げていくしかありません。


なかなか報道されませんので気付きませんが、毎日、あちこちで認知症の方が、自分の居場所を求めて外に出られます。
これを人は『徘徊』と呼びます。
玄関を出て、5分が経過すると、捜索はかなり困難となってきます。

しかしながら、『目』が増えることで、5分という時間の『始点』『拠点』が増えてきます。

『徘徊』をゼロにすることは不可能です。
だからこそ、今こそ、地域への関わりが大切になってくるのだと思います。


課題が山積みの、『高齢者見守りネットワーク』ですが、コツコツの積み重ねで、よりよいネットワークが構築されることを願っています。

自治体の皆様、『見守り』ネットワークの構築は、大洲市をご参考に!!
(全国の自治体の取り組みも教えてください!)


(記 平成25年2月21日)

このページのTOPへ戻る
利用規約 | リンクについて | 会社概要 | プライバシーポリシー | お問合せ | 求人・施設・企業広告掲載について
Copyright © 2006- Medica group.,Ltd. All Rights Reserved.