ǥ

ȥޥå ҳ 䤤碌
ɲ󥵥
äǤΤ䤤碌089-907-4056
HOMEýꥹޥå碌Ϥ᡼ޥ
Ǻܲ߰ʡ֥ߤζ;ǥߥ˥ƥ



メディカグループ
代表のブログ



メディカサイト
セミナーについて



メディカサイト
セミナー・講演一覧



メディカサイト
コンサルティング




これまでのコラム


「老人ホーム紹介サービス」
って「無料紹介」だと
思っていませんか?
地域の介護業界が
崩壊しますよ。


改正された
個人情報保護法について、
きちんと理解しよう!


介護業界はなぜ
「タメ口(お友達言葉)」
を使うのか??


介護業界における
外国人の参入


「加算」という仕組み

日常生活支援総合事業について

「懐かしい」を定義しよう!
その2


「懐かしい」を定義しよう!

最低賃金 時給24円アップ

介護サービス縮小
今後の介護業界の流れ


医療側の地域包括ケア・
介護側の地域包括ケア


8割の元気な高齢者

介護事業所の営業促進ツール

職場における
人の成長について


転職について考えよう!
(管理職編)


転職について考えよう!
(一般職員編)


介護事業は儲かるのか?
しんどいのか?(後編)


介護事業は儲かるのか?
しんどいのか?(前編)


介護業界の情報通になる!

人と職場を繋ぐということ

入居者・利用者に選ばれる
ための「5つのポイント」


先手先手で困らない
体質を創る!(求人編)


マイナンバー制度

社会福祉法人の会計報告書

リーダーシップ

独立するということ

介護業界はどうして
人手不足なのか?
という質問への回答


研修という矛盾

コンセプトメイキング

ケアマネの独立性を考える
その2


ケアマネの独立性を考える

介護事業という性質について

マネジメントというお仕事

介護施設の雰囲気を
つくるのは何か?

介護事業を始める・・・ということ

トップを支えるということ

ボスとリーダー

『地域』に根ざすということ

数字での理解・把握

○○療法なるもの

引っ張り派 と ぶら下がり派

アンケートなるものの使い方

施設見学をするにあたって
(介護事業者間)


高齢者見守りネットワーク

社内講師で研修をする意味

考える と 思いつく

作業と仕事の違い

地域資源を活用する

黒子という役割

介護業界の
ステップアップとは?


認知症薬なるもの





メディカサイトコラム 介護業界コラム
メディカサイト運営会社代表によるコラムです。
代表ブログの記事を一部、転載しています。
介護業界や介護事業の経営や運営について、あれこれ書いていますので、気軽に読んでくださいね。

⇒ メディカグループ代表ブログはこちら
 

 
 
認知症薬なるもの
 
 

昨日は、久々に「医薬品メーカー」主催の、認知症セミナーに参加してきました。

薬剤師時代から思っていることですが、「医薬品メーカー」主催のセミナーって、講師の方が偉すぎて、机上の空論となることが多いんですよね。
特に、教授の「スポンサー」となっていることが多いので、偏った内容になることも少なくありません。

今回も、まぁ、そんなもんだろうと思いつつ、参加してみました。

こういうセミナーでは、講師の方が偉すぎるため、我々下々の者にとって、「あなたはどなた様?」ってことが多いのですが、スマホ文化になってから、ある意味、辞書を片手にセミナーを受講できるのは面白いことです。
講師のこれまでの講演内容や論文、様々な専門用語を、リアルタイムに調べながらセミナーを聞くと、つまらなくて仕方がなかった内容が、俄然、面白くなってきます!
講師のベースとなる考え方をわかった上でお話を聞くと、新しい発見が見えてきます。

イシザキは元薬剤師ですので、いわゆる「認知症薬」というものに対して、とても否定的です。
認知症薬そのものに否定的というより、この薬に対する、メーカーや医師の「姿勢」に否定的というのが正確かもしれません。

今回の講師の方は、なんと、メーカーの前であるにも関わらず、

「この薬は根本的に治すものではないんだよ」
「効果がないことが多いということをわかってほしい」
「薬によって、反応がバラバラだから、同じ薬を使い続けているのは良くないことなんだよ」
(出しっぱなしの医師は論外。その他の薬も整理が必要!)
「その上で、適切に使うことが大切なんですよ」

という、本来の「姿勢」に基づいてお話されており、とても共感が持てました。
過去の講演歴を読んでいても、診察室だけでなく、様々な介護の「現場」や「現状」を見にいっておられるなということがよくわかりました。
やっぱり、事件は会議室でなく、現場で起こっていますからね。


さてさて、そんな講師の先生が、「認知症薬」について面白いお話をされていました。

・認知症薬は、認知症を治すものではないが、一時的に見た目上改善したように見え、家族の言葉でいうと「3ヶ月ほど時間を蒔き戻した」ような状態になることがある。
・愛媛県はどうかわからないが、東京では介護施設に入りたいと思っても、どこも一杯で数ヶ月は待たないといけない。
・その数ヶ月を「乗り越える」ために、数ヶ月ほどの時間を、薬により蒔き戻せる可能性がある。
・そのためには経験上、この薬の使い方がよい。

なるほど。とっても腹落ちの内容でした。

この教授の元で学ばれる医師は、現場をよく見るようになるのだろうな。
そんな医師が増えてほしいなと、強く思った次第です。

世の中に、「病気を治す」薬なんて1つもありません。
そして、老化は病気ではありません。自然の真理です。

薬という「道具」を誰のために使うのか?何のために使うのか?
ということを、医療関係者はもちろん、介護関係者、そしてご家族もしっかりと考えていただくために、学びの機会を増やしていかないといけないなと思います。

介護や認知症なんて、一言で語れるものではありませんし、人により千差万別です。
答えなんて誰も知らない。だからこそ、一人一人に向き合うことが大切なんですよね。



(記 平成24年9月9日)

このページのTOPへ戻る
利用規約 | リンクについて | 会社概要 | プライバシーポリシー | お問合せ | 求人・施設・企業広告掲載について
Copyright © 2006- Medica group.,Ltd. All Rights Reserved.