ǥ

ȥޥå ҳ 䤤碌
ɲ󥵥
äǤΤ䤤碌089-907-4056
HOMEýꥹޥå碌Ϥ᡼ޥ
Ǻܲ߰ʡ֥ߤζ;ǥߥ˥ƥ



メディカグループ
代表のブログ



メディカサイト
セミナーについて



メディカサイト
セミナー・講演一覧



メディカサイト
コンサルティング




これまでのコラム


「老人ホーム紹介サービス」
って「無料紹介」だと
思っていませんか?
地域の介護業界が
崩壊しますよ。


改正された
個人情報保護法について、
きちんと理解しよう!


介護業界はなぜ
「タメ口(お友達言葉)」
を使うのか??


介護業界における
外国人の参入


「加算」という仕組み

日常生活支援総合事業について

「懐かしい」を定義しよう!
その2


「懐かしい」を定義しよう!

最低賃金 時給24円アップ

介護サービス縮小
今後の介護業界の流れ


医療側の地域包括ケア・
介護側の地域包括ケア


8割の元気な高齢者

介護事業所の営業促進ツール

職場における
人の成長について


転職について考えよう!
(管理職編)


転職について考えよう!
(一般職員編)


介護事業は儲かるのか?
しんどいのか?(後編)


介護事業は儲かるのか?
しんどいのか?(前編)


介護業界の情報通になる!

人と職場を繋ぐということ

入居者・利用者に選ばれる
ための「5つのポイント」


先手先手で困らない
体質を創る!(求人編)


マイナンバー制度

社会福祉法人の会計報告書

リーダーシップ

独立するということ

介護業界はどうして
人手不足なのか?
という質問への回答


研修という矛盾

コンセプトメイキング

ケアマネの独立性を考える
その2


ケアマネの独立性を考える

介護事業という性質について

マネジメントというお仕事

介護施設の雰囲気を
つくるのは何か?

介護事業を始める・・・ということ

トップを支えるということ

ボスとリーダー

『地域』に根ざすということ

数字での理解・把握

○○療法なるもの

引っ張り派 と ぶら下がり派

アンケートなるものの使い方

施設見学をするにあたって
(介護事業者間)


高齢者見守りネットワーク

社内講師で研修をする意味

考える と 思いつく

作業と仕事の違い

地域資源を活用する

黒子という役割

介護業界の
ステップアップとは?


認知症薬なるもの





メディカサイトコラム 介護業界コラム
メディカサイト運営会社代表によるコラムです。
代表ブログの記事を一部、転載しています。
介護業界にあれこれ書いていますので、気軽に読んでくださいね。

⇒ メディカグループ代表ブログはこちら
 

 
 
独立するということ
 
 

介護業界で、年収を上げようとするには、いくつかの方法があります。

・相談員資格を取得し、相談員として働く(社会福祉主事以上の取得が必須です。)
・介護支援専門員として「居宅介護支援事業所」で働く(ケアマネ取得が必須です。)
・特別養護老人ホーム、老人保健施設の「正職員」になる(介護福祉士取得が必須です。)

その上を目指すためには、

・管理職となる
・事務長になる

という感じでしょうか。

その上を目指すためには、

・複数施設のマネジメントができる
・社会福祉法人の施設長になる

さらに、その上の可能性を求めるなら

・独立して「キャッシュフロー黒字経営」を行う

ということになってきます。


ただし、勘違いしてはいけないのは、

独立する = 収入が上がる

ということではないということです。


被雇用者として働いていると、

働く = 収入を得る

ということが当たり前ですが、
通常は、独立すると、基本的には持ち出しの日々が続きますので、

働く = お金が減っていく

ということを、しばらくは経験することになります。

売上 - 経費 - 借入返済 > 0

でなければ、自分の収入を得るどころではないですから。
言葉で書くと簡単ですが、この恐怖は実際に経験してみないと、理解できません。


メディカは、介護業界の様々なご相談をいただく会社ですが、やはり、独立に関するご相談もたくさんいただきます。

大きく分けると、母体事業がしっかりしている企業が、新規事業として介護事業に参入するパターンと、これまで介護職だった方が独立して介護事業に参入するパターンに分かれます。

前者については、特に心配することはないのですが、やはり、後者については、心配です。

理由としては、「経営の勉強」をしていない可能性が高いからです。

後者の場合は、各々、介護事業所の責任者を経験されている方が多いかと思うのですが、介護事業の「運営」と、会社の「経営」は、実は全く違うものです。
独立する人は、「運営」についてはプロであっても、「経営」については素人という状況が多いかと思います。


どのような事業所にしよう?
どのように運営しよう?
どのように役所と話をしよう?
どのように営業しよう?

ということについては、詳細に検討していると思いますが、

どのように「経営」しよう?

ということについては、おそらく考えることが少ないのではないかと思います。


それでは「経営」とは何なのか?
「経営」について何を勉強すればよいのか?

ということですが、これが難しい問題なわけですね。


どんなに優れた人であっても、独立すると、必ず、同じ「問題」が降りかかってきます。
同じ「壁」が現れてきます。
この「問題」や「壁」を一つずつ乗り越えていくことで、経営者は強くなっていきます。
たまたま「問題」や「壁」にあたらずに、すいすいと行く場合もありますが、これはこれで、後になって「問題」や「壁」が現れてくると、ダメージも大きくなってきます。
やはり、どこかで乗り越えなければならないわけですね。


実際の「経営」の勉強は、「経営」しなければわからないのですが、やはり、独立前には、多くの「経営者」の話を聞きに行くことをお薦めします。

・どのような「問題」が起こるのか?
・どのような「壁」が立ちはだかるのか?
・そのとき、どのように「乗り越えた」のか?
・そのとき、どのような「心境」だったのか?
・どのようなことを勉強すべきなのか?
・どのようなことに注意をすべきなのか?
・どのようなことを実行すべきなのか?

などなど、そういう話を聞いて、起こりうるその日のためにイメージをすることが大切です。
そして、独立するその日まで、今の職場で、頭の中で「経営」を行うことが大切だと思います。
「管理者」の目線は持ち合わせていると思いますので、プラスして「経営者」の目線でものを考えるわけです。


飲食の世界で「オーナーシェフ」という、なんとなく格好の良い言葉がありますが、これは、株主(出資者)であり、経営者であり、従業員でもある、ということです。

グループホームで言えば、会社の株主であり、その会社の経営者であり、ホームの管理者であり、夜勤もする従業員でもある、ということと同じ状況です。
何でもしなければなりませんし、全責任もあります。

これまで介護職だった方が独立して介護事業に参入するパターンは、この「オーナーシェフ」になるということです。
株主としての視野と、経営者としての視野と、従業員としての視野、の3つの視野を持ち合わせなくてはならないということです。

中には相反する考え方もあります。

自分の口から出る言葉は、株主としての言葉なのか、経営者としての言葉なのか、従業員(管理者を含む)としての言葉なのか、ということを常に意識することが大切です。


社長という経営者としての言葉の重みを知らなければなりません。
会社というのは、良くも悪くも、経営者の思う通りに進んでいきます。
上手くいっているときは、その言動は正しいものでしょうし、上手くいかないときは、その言動が間違っているということになります。


お金を生み出すためには、まずは、お金を出さなければなりません。(出資、投資、融資)
そして、そのお金の力を利用して、お金を生み出す「仕組み」を作らなければなりません。(経営)
「仕組み」ができたら、その仕組みが「持続」「発展」するようメンテナンスを行っていかなければなりません。(運営)

上記にはすべてリスクを伴います。
そのリスクを抱えるからこそ、自由に会社を経営・運営する権利(経営権・運営権)を得ることができるわけですね。
そして、リスクを乗り越え「仕組み」が素晴らしくなった暁には、収入というご褒美が待っている(可能性がある)ということです。


個人的に、独立しようと思う野心のある人は、大好きです!
だからこそ、皆、成功してほしいなと思います。
そのお手伝いも行っています。


2015年、独立される皆様に幸あれ!
応援しています!

(平成26年12月27日)

このページのTOPへ戻る
利用規約 | リンクについて | 会社概要 | プライバシーポリシー | お問合せ | 求人・施設・企業広告掲載について
Copyright © 2006- Medica group.,Ltd. All Rights Reserved.