ǥ

ȥޥå ҳ 䤤碌
ɲ󥵥
äǤΤ䤤碌089-907-4056
HOMEýꥹޥå碌Ϥ᡼ޥ
Ǻܲ߰ʡ֥ߤζ;ǥߥ˥ƥ



メディカグループ
代表のブログ



メディカサイト
セミナーについて



メディカサイト
セミナー・講演一覧



メディカサイト
コンサルティング




これまでのコラム


「老人ホーム紹介サービス」
って「無料紹介」だと
思っていませんか?
地域の介護業界が
崩壊しますよ。


改正された
個人情報保護法について、
きちんと理解しよう!


介護業界はなぜ
「タメ口(お友達言葉)」
を使うのか??


介護業界における
外国人の参入


「加算」という仕組み

日常生活支援総合事業について

「懐かしい」を定義しよう!
その2


「懐かしい」を定義しよう!

最低賃金 時給24円アップ

介護サービス縮小
今後の介護業界の流れ


医療側の地域包括ケア・
介護側の地域包括ケア


8割の元気な高齢者

介護事業所の営業促進ツール

職場における
人の成長について


転職について考えよう!
(管理職編)


転職について考えよう!
(一般職員編)


介護事業は儲かるのか?
しんどいのか?(後編)


介護事業は儲かるのか?
しんどいのか?(前編)


介護業界の情報通になる!

人と職場を繋ぐということ

入居者・利用者に選ばれる
ための「5つのポイント」


先手先手で困らない
体質を創る!(求人編)


マイナンバー制度

社会福祉法人の会計報告書

リーダーシップ

独立するということ

介護業界はどうして
人手不足なのか?
という質問への回答


研修という矛盾

コンセプトメイキング

ケアマネの独立性を考える
その2


ケアマネの独立性を考える

介護事業という性質について

マネジメントというお仕事

介護施設の雰囲気を
つくるのは何か?

介護事業を始める・・・ということ

トップを支えるということ

ボスとリーダー

『地域』に根ざすということ

数字での理解・把握

○○療法なるもの

引っ張り派 と ぶら下がり派

アンケートなるものの使い方

施設見学をするにあたって
(介護事業者間)


高齢者見守りネットワーク

社内講師で研修をする意味

考える と 思いつく

作業と仕事の違い

地域資源を活用する

黒子という役割

介護業界の
ステップアップとは?


認知症薬なるもの





メディカサイトコラム 介護業界コラム
メディカサイト運営会社代表によるコラムです。
代表ブログの記事を一部、転載しています。
介護業界や介護事業の経営や運営について、あれこれ書いていますので、気軽に読んでくださいね。

⇒ メディカグループ代表ブログはこちら
 

 
 
○○療法なるもの
 
 

○○療法なるものが、介護業界にはたくさんあります。

園芸療法、演芸療法、音楽療法、回想療法、化粧療法、学習療法・・・・・・その他、いろいろ。

多くの介護施設において、あまりにも簡単に○○療法という言葉を使うところが増えてきており、私としましては、ちょっと危惧しております。

介護の世界では、○○療法は「非薬物的療法」と位置づけられておりますが、そもそも「療法」とは何なのか?ということから考えていく必要があります。


国語辞書の大辞泉によると、

療法・・・治療のしかた。治療の方法。

とあります。

ということは、上記の○○療法なるものは、何の「治療」なのか?ということが大切です。


一般的には「認知症」に対する非薬物的療法とされています。

では、「治療」という言葉は何なのか?ということを考えていくと、


同じく、国語辞書の大辞泉によると、

治療・・・病気やけがをなおすこと。病気や症状を治癒あるいは軽快させるための医療行為。療治。

とあります。


その言葉どおり、本当に、「治癒あるいは軽快させる」 ことができるのか?ということを、しっかりと考えなくてはいけません。

そのためには、基礎理論をしっかりと学び、きちんとデータを取り、分析して、改善しながら、取り組んでいかなくてはなりません。


ただ単に、庭いじりをして園芸療法、歌を歌って音楽療法、昔話をして回想療法、計算をして学習療法、と言っているのは、やはり問題があるということです。

(※『学習療法(R)』は東北大学・川島隆太教授と公文教育研究会の登録商標です。このブログでは、一般的に、多様されている非認可の「学習療法」に対して述べています。)


さて、上記の行動についてですが、介護施設以外の場所、すなわち自宅においては、当たり前に、日常的に行われていることであります。

すなわち、わざわざ○○療法なるものを行わなくても、普通に生活していれば、行っていることといえます。

逆に言えば、介護施設においては、この「当たり前」のことができなくなっている、ということにも繋がります。

○○療法なるものを、わざわざしなければならないほど、日常生活においてできていない、ということなのかもしれません。


月に1回や2回、○○療法をしたからといって、何かが変わるはずはありません。
変わらないのであれば、それは、○○療法ではなく、○○というレクリエーションと言えるのではないでしょうか。

だとすると、堂々と、○○レクリエーションと言った方が、適切ですし、意義があると思います。


さて、皆さまのご施設で取り組んでいる○○療法。
それは、本当に「療法」なのか?

一度、皆さんで話し合ってみるのも、意義があるのではないでしょうか?


そもそも、介護って「治す」ことが目的ではないですよね。

ところで「治す」って意味は?


(記 平成25年7月13日)

このページのTOPへ戻る
利用規約 | リンクについて | 会社概要 | プライバシーポリシー | お問合せ | 求人・施設・企業広告掲載について
Copyright © 2006- Medica group.,Ltd. All Rights Reserved.